2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

オンライン英語レッスン体験

2011年09月29日(木)

大人気英語育児ブログGo for it!のrincoさんにtwitterで教えてもらって、

オンラインレッスンの体験を受けてみました!


今回やってみたのは、イングリッシュポットというところ。rincoさん情報によると、一番安いとか?

先生はとても優しい女性の先生でした。フィリピンの方で、にこやかにレッスンを進めてくれます。とても熱心で、よく褒めてくれて、本当に素敵な先生でした。

こちらではアカウントを親子で共有出来るというので、無料体験レッスン2回分を私と娘で使ってみました。

私も1レッスン分お願いしたので、しっかり先生と会話出来て良かったなと思います。

個人的には、先生のアクセントは結構きついな、というのが率直な印象でした。このため、娘も聞き取りが難しい箇所があったようです。

娘は始めてのオンラインレッスンで、ワハハと笑ったりもしていましたが、全体的に緊張していて、分からなくなるとモジモジして私に助けを求めてきました。笑

しかし、思ったよりよく会話をしていて、なかなか良いな~と思いました。

SUNNY BUNNY Language School では、twitteryou tube などを使って情報発信をしていますが、オンラインレッスンはまだ提供していません。

お家でのフォローアップのサポートとして、遠距離の方へのレッスンとして、お仕事されている方の夕方以降のレッスンとして、今後オンラインレッスン開講も考えてみようかな、なんて思った次第でした。

とりあえず、しばらく無料体験レッスン放浪して、色々比較させていただこうと思います♪

↓2つのボタンを押すと、このブログの応援になります。1日1回、どうぞお願い致します~m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

英語育児の目指すところ

2011年05月13日(金)

言葉の大切さ
言葉の力
言葉の面白さ
言葉の意味
言葉の成り立ち
こういうものを総合的に教えていく事は、人格形成に役立ったり、社会性を身につけたり、自国の文化に対する敬意を持つようになったり、異文化に対する関心や理解を深めたり、人生を生き抜いていく力を付けたりする事につながる。私はそう強く信じているので、この仕事は生涯をかけて研究して力を注いでいくに値すると思っています。だから、英語育児の目指すところと尋ねられれば、自分の答えはこうなると思います。

しかし今回は、もっともっと、具体的な話。

幼児の頃から英語育児をママが初めたとして、その子が小学校に入学するまでに、目標とするのは例えばどういうレベルですか」と聞かれたので、それに答えようと。そういう話です。

うちにプライベートで通ってくれているshu君のママは、「英語の絵本をひとりで読めるようになる」レベルを目標としていると話してくれました。

私は講師としてちょっと目標設定に疑問があったので、「少なくとも私は、自分の娘に絵本を自力で読めるレベルは求めていないよ。A~Zまでの文字を見て、文字の名前を完璧に言えて、もう一つの読み方(フォニックスと言って、単語になった時に読まれる音)をきちんと覚えられたら十分だと思っているんだ。それに加えて、2文字の組み合わせの発音を推測できるレベルまでいけたら大満足だよ。」と言いました。

これがこの日記を書くきっかけとなりました。もう少し詳しく説明してくれと言われたので^^

まず、絵本を読めるレベルに反対の理由を上げると、ひらがなという、非常に分かりやすい文字と音の関係を持った日本語に比べて、英語の文字と音の関係は非常に複雑だという事があげられます。

日本語はひらがな46文字を覚えれば、ひらがなで書かれた絵本なら読めるようになります。小学校入学までに日本語の絵本を読めるようになるのを目標にするのは、とても良い事ではないかな、と思います。

しかし英語は違います。日本語がひらがな、カタカナ、漢字の3通りの文字があるのに対し、英語はアルファベット一つしかありません。このアルファべットひとつで全ての文字を表すのですから、その規則はかなり複雑です。日本語で言えば、どの絵本を見ても全てカタカナ、漢字を含める3通りが一緒に使われているようなものです。日本語の46文字だけを覚えればひらがなが読める、というのは、幼児にとっては素晴らしいシステムですね。でも、英語にはそれがありません。

そこで、では英単語をひと固まりとして、丸暗記させれば良いと主張する方もいます。単語をカードに書いたものを何枚も用意して、読み上げながらパッパッと素早く見せていく(フラッシュさせる)、フラッシュカードという教材です。これは、学習者の暗記を助けるために有効な教授法として広く知られています。しかし、幼児期の子どもにこの暗記法が有効なのか、私は疑問に思っています。

日本語と英語の文字の読み方の特徴にあります。日本語は象形文字ですから、もともとが絵から出来た文字です。絵を見るように文字を捉えるので、例えば「白河麗子」という名前を目にすると、なんとなく美人さんを想像したりしますね。白い、河 = 綺麗な透き通った 水 をイメージ、さらに麗 という文字からそのまま美しい人を連想する人が 多いと思います。文字の見た目自体が、ある印象を与えるという特徴を、日本語は持っています。

英語にはこういう感覚はありません。文字の見た目で何かをイメージする事はほとんどありません。では何によってイメージをするかというと、その音によってイメージをするのです。日本語では、麗という文字があれば反射的に美しいイメージをしますが、英語のbeautifulの頭文字を取り上げて、Bを見たとしても、誰も何もイメージできません。Bでしかありません。Bは badにも使われるし、一文字変えたらbat(コウモリ)です。Beautifulとは全くイメージが繋がりません。ですから、その文字のひと固まり全体を発音してみて、初めてイメージが沸くのですね。

この事を踏まえただけでも、日本語の文字は目から、英語の文字は耳からの導入が最適という理屈は明らかだと思います。感性豊かな幼児期の子どもには、ぜひともこの特徴を踏まえた、不自然の無い形で英語や日本語に触れさせてあげたいと思うわけです。ここまで、納得していただけたでしょうか。

幼児へのフラッシュカードには賛否両論ありますが、少なくともこの事実を元に教授法を考察すると、幼児の文字指導には、目に刺激を与えて文字の印象で単語を覚えていくフラッシュカードはあまり適した教材とは思えないのです。

そんなわけで、今日は
1. 英語で絵本読みが出来るレベルというのは、レベル設定が高すぎる
2. かといって、フラッシュカードで不自然に身につけさせるのは反対

という結論までお話できました。

長くなるので、私が目標として挙げたいレベル設定については、また。

こちらの2つのボタンを押していただけますと、ランキングがUPしてとっても助かります。1日1回、お願い致します~m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

23:21  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

フォニックスは日本人向け改良が必要

2011年05月08日(日)

ただ今新規入会キャンペーン中!

文京区英語教室SUNNY BUNNY Language Schoolは新規生徒様を募集しています。有楽町線の江戸川橋駅から徒歩3分の好立地!親子英語、子ども英語、各レベルクラスございます。幼児のバイリンガル教育ならぜひ!
→click here! 今すぐ体験レッスン申し込み


フォニックスとは、英語の読み方を教える教授法の名前です。

「綴りと発音の関係を教える方法」等と定義され、話し言葉で発音される音と、文字の関係を教えていくものです。

もともと英語圏の子どもたちに文字の読み方を教えるための方法として開発されましたので、例えば英語のwikipediaの定義では次のように、「子どもに教えるための教授法」と、教える対象を子どもと明言しています。

Phonics refers to an instructional method for teaching children to read English.

このフォニックスという教授法は、外国人が英語を学習する際にも有効ではないかと考えられるようになりました。日本でも、まだあまり認知度は高くありませんが、日々広まっては来ているようです。

しかし、生徒が発音も単語も知っている事が前提の「フォニックス」は、そのまま外国人に使う事は出来ません。

大久保洋子先生は、フォニックスについて次のように述べています。

英語を母語、または第2言語として話す子どもたちにとっては、日常生活の中で触れているたくさんの単語についての学習であり、覚えやすい方法だが、外国語として英語に接する子どもたちにとっては、「つづり」と「発音」を学ぶのと同時に多くの語を覚えなくてはならないので、「フォニックス」を用いる場合には、この負担に配慮しなくてはならない。

-大久保洋子監修 『児童英語キーワードハンドブック』 Peason Education Japan 2003


つまり、日本人を対象にフォニックスを教えたいのならば、日本人用にフォニックスという指導法を改良しなければならないのです。

私は、大久保先生が指摘した負担のうち、フォニックスを教えるにあたって最も大きな難関となるのが「発音」ではないかと思っています。

そこで、この「発音」という問題をクリアするために思いついたのが、発音の習得に関して特に優れていると言われる幼児期に、将来フォニックスを学ぶにあたって必要とされる発音の基礎を築いておけばどうだろうか、という事です。

この意味で、私は幼児期、さらに乳児期からでも、「音遊び」という形で発音の基礎を導入して、例えば無声音のt、p等々の音を聞かせたり、m、b、pの両唇音の違いを聞かせたりしておく事は後の学習に有効なのではないかと考えております。

乳幼児期は母と子の繋がりがことさら強く、また、乳幼児の集中力の限界等々の特徴を考慮すると、講師がレッスン内に教えるという事に対してはかなりの困難が考えられるので、この「音遊び」に関する教育法としては、レッスンで乳幼児に教えるべき発音と方法を母親ないし父親(保護者)が学び、最適なタイミングで無理なく保護者によって行われるべきではないかと考えています。



こちらの2つのボタンを押していただけますと、ランキングがUPしてとっても助かります。1日1回、お願い致します~m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

19:07  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

子どもをもっと守る必要がある

2011年04月14日(木)

ただ今新規生徒様、大募集中!

今なら何人でもみんな1000円引きになる、複数名ご入会の<お友達入会割引き>や、会員様からの紹介の<紹介割引>のキャンペーン実施中! 当日入会ならさらに体験代キャッシュバック!!
→click here! 今すぐ体験レッスン申し込み


放射能に関して、とても心配しているので少しその話を書かせて下さい。

原発の非常事態の事は皆様ご存知の通りです。

この原発の放射能の被害について、色々な情報が飛び交っています。

まず政府の見解としては、

当初「健康被害はない」でした。

それが、数日で「ただちに健康被害はない」に変えられました。

この「ただちに」について、色々な見解の意見を目にしました。

私が理解したところでは、政府の意見は「今の状態が続くか、より悪くなれば健康被害が出る可能性もあるが、すぐに事態が収まれば健康被害はないはずだ」という見通しです。

しかし、専門家の方の中には、「今すぐには健康被害がない=後で健康被害がある という意味だ」と明言される方もいらっしゃいます。


政府が言っていたように、すぐに事態が解決されて、健康被害なしと断定されれば安心なのですが、1ヶ月経った今も改善が見られず、最近ではチェルノブイリと同じレベル7の原発事故という事実を認めるに至りました。


これが何を意味するのか、私は原発の専門家でも、放射能の専門家でも無いので、はっきりは分かりません。

でも、原発付近のお子様たちの安全が確保されてはいないという事態だけは、よく理解出来ます。


先日は都内で基準値以上の放射性物質が検知され、これまで「東京は安全ですから、買いだめは止めて下さい」と訴えられて、そのまま信じた方たちが赤ちゃんを抱えて不安な日を過ごしました。

どうなるかと混乱していたら、次の日にはすぐ解除され、「やっぱり水道水は大丈夫」と撤回されました。


この一連の流れを受けて、私はもっともっと子どもの安全に関して「万全を期す」という姿勢があっても良いのではないか、と感じて来ました。

発ガンよりも寿命の方が早く来るであろう大人と違い、チェルノブイリでは被爆した子どもが10年後、15年後に白血病や甲状腺のガン、奇形児の妊娠等、恐ろしい影響を受けたと言います。


「あまり神経質になることはない」という意見もあると思います。確かに、確実にそんなことが起こらないのならば、風評被害を出さないためにも、日常生活を過ごすべきだと思います。

もっと言えば、成人して自分の人生や運命を決断出来る人間であれば、例え健康被害があろうとも、自分の選んだ場所にいるのは自由だとも思います。


しかし子どもは別です。

まず、自分で選ぶ自由も力も無い。

それに引き換え、子どもには「未来」という、大人には決して手に入れられない素晴らしい可能性を持っています。


今、「日本頑張れ!」と、日本を支えよう、日本を守ろう、日本で頑張ろうという動きがたくさん出て来ています。これは素晴らしい事です。

でも経済よりも何よりも、日本にとって

健康な子ども以上の財産は無い

のです。

お金にも、時間にも、何よりも、代え難い、子どもの健康と命。


この優先順位を間違えてしまっては、元も子も無いではないかと思うのです。


経済復興は大切です。愛国心も素晴らしい。被災地に留まるのも素晴らしい勇気です。


でも、みんなが何かを決断する時の優先順位を、もっと子ども目線にしても良いのではないかと思っています。


韓国では、雨の日は学校が全て休講になったそうです。日本からの放射性物質を保護者の方が心配し、政府がそういう措置を認めたということです。


これが過剰反応だったと批判する方も多いし、確かにそうなのかも知れません。

でも私は、今日本こそ、これくらい「子どもを守る」事に対して真剣に、なりふり構わずになっても良いのではないかと感じました。


日本にいる全ての子どもの未来と、それを守るために今必死に頑張って下さっている方のために心より祈りながら。


この2つのボタンを押していただけますと、ランキングがUPしてとてもありがたいです。1日1回、開いたついでにポチッとお願い致します!m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

10:10  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

レギュラーレッスンスタート

2011年04月13日(水)

ただ今新規生徒様、大募集中!

今なら何人でもみんな1000円引きになる、複数名ご入会の<お友達入会割引き>や、会員様からの紹介の<紹介割引>のキャンペーン実施中! 当日入会ならさらに体験代キャッシュバック!!
→click here! 今すぐ体験レッスン申し込み

SUNNY BUNNY Language School、新学期スタートしました!

震災でしばらく休講していたので、久しぶりの生徒様たち、保護者の方たちとお会いして、胸がいっぱいでした。。。

みんな、きっと英語はかなり忘れてしまったかも知れないと思い色々と頭を巡らせていましたが、変わらず英会話が飛び交っていて、驚きと共にとても嬉しい気持ちが湧いて来ました。

そして生徒さんの満面の笑顔!笑顔!^^

なんだか、いつもよりさらに元気で楽しそう!

嬉しいー!

って・・・・

ちょっと、

落ち着いてー!!!

という場面もあったほどでした^^;

皆、まだ幼いので言葉では色々な表現が出来ませんが、体と表情で、「久しぶりのレッスン、楽しみにしていたよー!」というメッセージをしっかり伝えてくれたように感じました。

久しぶりのレッスンで調整も多く、終わった後は動けない程ドっと疲れましたが、子どもの笑顔や成長を見ると、頑張るぞという気持ちが湧いて来て、精神的にはずっと元気をもらいました。


やっと日常が戻って来たなと感じるのもつかの間、

最後のインテンシブクラスが終わった頃、また大きく揺れました。

生徒さんは念のため、机の下へ。皆すばやく、しっかり入る事が出来ました。


ニュースでは、今後また震度7レベルの地震が来る可能性があると言っています。まだまだ注意を怠らず、警戒しながら生活して行きましょう。

*生徒様へ:金曜日は幼児クラス(HOPとSTEP)振替レッスンが3:30ー4:15で開催されます。予約が必要ですので、参加可能な方はsunnybunnyinfo@yahoo.co.jpまでご一報下さい。


こちらの2つのボタンを押していただけますと、ランキングがUPして教室がとっても足すかリます。1日1回、開いたついでにポチッとお願い致します~m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 地震・天災・自然災害 - ジャンル : ニュース

10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。