2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

児童英語はやめろ?! 大津教授VS大阪児童英語講師の会

2011年10月14日(金)

大津教授とOBK(大阪児童英語教師 おおさかおばちゃんの会w)の先生方が、児童英語をめぐって討論会を開かれたそうです。

藤林英語教室のけこりん先生が日記で教えて下さった情報です。先生、貴重な情報発信ありがとうございます。


子どもの頃から英語を教える、「早期英語教育」に反対している大津教授と、児童英語講師の会の先生方が直接対決!!という企画。面白いですね!

題して、

慶応義塾大学教授 大津由紀雄先生 VS 児童英語講師 『対決型ワークショップ』in 大阪


こちらが、OBKのサイトで紹介されていた大津先生の主張です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大津先生が予想する児童英語の先生たちの素朴な疑問
 わたしは英語が好きだ。
 英語は子どもたちにとって 一生モノの財産になる。
 子どもたちも喜んで英語を 学んでいる。
 そのどこが問題なのか?

それに対する大津先生の警告
 子どもを英語狂想曲に 巻き込んでしまう危険性
 英語嫌いを作り出してしまう 危険性
 ことばという宝物を活かしきれ ない子どもにしてしまう危険性

だから、児童英語NOだ、やめるべきだ、と。

それでも、児童英語を続けると いうなら、
 ことばについて勉強してください。
 日本語について勉強して
ください。
 英語について勉強してください。
 教育について勉強してください。
 英語教育について勉強して ください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


すごく、もっともな意見だと思います。そして、やはりSUNNY BUNNY Language Schoolは良し、と思ってしまうのです。

というのは、最後の

 ことばについて勉強してください。
 日本語について勉強して
ください。
 英語について勉強してください。
 教育について勉強してください。
 英語教育について勉強して ください。

について、もちろん、全部していると言えるからです。

完璧に全ての知識があるなんて、言いません。でも、その必要性は十分に認識し、勉強した上で仕事をし始め、今も勉強し続けています。

こういう論争は最近よく目にしますが、悲しいのは上記条件などを満たしていないのが前提として話されることです。

日本語を全く使わずに英語ばかりで育てようとする日本人の両親、逆に、教育の知識も言語の専門知識もなく、「英語が好き、こどもが好き」だからというだけで初めてしまう児童英語講師など、極端な悪例ばかり挙げて批判されてしまう風潮は、児童英語講師や子ども英語教室側から変えて行かなければなりません。


ここを改善して行く切り口は、なんと言っても

日本人としての誇りを持ち、母語は十分に堪能、その上で外国でも十分に通用する英語力を持つ


こういう子どもたちを育てて、実証していくこと。

その過程は、大津教授の言うような「単なる自己満足」にも「ビジネス」にも偏ってはいけない。

「教育」、これこそが柱です。

そしてその結果を出す過程を、きちんとした理論でまとめて行く事。これが日本の早期英語教育の緊急の課題です。

まず実例を多く出し、きちんとした理論で説明すること。

それが出来ていないから、いつまでも低レベルな間違った教育について取り上げられてしまって、最も重要な核心部分の議論になかなか辿り着かない。本当に、もどかしい限りです。


今回、OBKの先生方が、大津教授の質問に対してズバッ!!と答えて下さって、本当にスッキリしました。流石、大阪の先生!という感じ^^

これを良い機会として、日本全国で児童英語のイメージを良くして行けたら良いですね!


SUNNY BUNNYも貢献出来るよう、一層頑張って行きます!

↓2つのボタンを押すと、ブログの応援になります!どうかよろしくお願いします!!m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:15  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

花粉症~不調の乗り切り方

2011年02月12日(土)

☆幼児英語発表会やります☆詳細はこちらをクリック↓


花粉症、、、、花粉症の季節がやって来ました。

いつもこの時期になると、「あ、久しぶりに熱出した!」と思って慌てるのですが、朝になるとケロっとしています。

おや?と思って出勤すると、時間を追うごとに具合が悪くなる。夜には最悪で、これは絶対に明日は無理!と思って寝るのに、

朝になると熱がない、、、。

これが私の花粉症のパターンです。

花粉症は英語で pollen allergy と言います。そのままですね。花粉のアレルギーという意味です。

これになると、とにかくのどが腫れあがって辛い!

風邪をひくたび、英語講師って、喉でお仕事するんだなーって実感します。そう、声が出ないと仕事にならない。

そんなわけで、喉をいたわる事にかけては本当にさまざまな事を試してきました。

イザ!という時の乗り切り方をご紹介。

○ のどあめ、トローチを常備。声を出す時は常になめる。

○ ポカリや水(一番よくやるのはポカリの水割り)をものすごい量飲む。
  ⇒トイレにかなり行く羽目になりますが、熱は大抵引きます。2リットルは余裕で飲みます。

○ 喉を温める タオルでもタートルネックでも良いので、物理的に喉を保護して暖かい状態にします

皆さんもお勧めありますか? ぜひ教えて下さい^^


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の元気が出ます^^)9!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

教えられたようには教えるな

2011年01月25日(火)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

名著をご紹介します。

「これからの英語教師」若林俊輔先生著



こーーーれが、すっごい良い本です。私の英語教育理論の全てがここにあると言っても過言では無い程です。

恩師の本ですが、この本を読んで衝撃を受けて、先生の弟子になりましたという方をたくさん見ました。それくらい良い本です。

その中のひとつに、「教えられたようには教えるな」という言葉があります。

誰しも親になると、ふとした時に自分の母親や父親と同じ台詞、同じ行動を、自分の子どもにしていたりしませんか?

教師も同じで、教壇に立つと、以前自分が受けた事のある先生のレッスンと同じような事をしてしまうものです。

自分がそれを好きだったか、好きでなかったか以前に、「こうするものだ」という固定観念が植え付けられているんですね。

これは「常識」という観念のひとつで、かなり根深いものと言えます。

だから人は、「私はこう育てられたから」とか、「私はこう教えられたから」とかいう思い込みの上で行動してしまいます。

先生が それは止めろ と本で仰るのは、その固定観念が必ずしも目の前の子どもにとって良いとは限らないからなんです。

教育は、教える相手をよく観察し、自分の知識を総動員し、新たな考えを受け入れ、模索しながらするべきものです。

だから固定観念からの脱却を常に意識して、それが「自分が教わったやり方かどうか」ではなくて、あくまで「目の前の子どもにとって最善かどうか」を基準にして教育をしなければならないのです。

当然のようで、非常に難しい。

でも、決して不可能ではありません。

言い方を変えれば、過去に捕われる事なく、過去を活かして、より良い教育をしようと思えば良いのです。

自由に方法を模索して、よく子どもを見て、自分が今この瞬間に最善と思う事をすれば良い。

教育は必ず結果が伴います。

だから、力は注いで注ぎ過ぎという事はないと思います。非常にやりがいのある、この上なく楽しい仕事です。

子どもの教育に携わる事が出来ている方々。めっちゃラッキーですよ。

楽しくやりましょう!


クリック応援に元気をいただいています!1クリックがかなり大きな影響を与えてくれます^^↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語 - ジャンル : 学校・教育

10:43  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

いろいろな先生

2011年01月16日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

教室を運営していると、色々な先生とお会いする機会が増えます。

雇用させていただいている先生はもちろん、私はmixiでも「0~6歳の英語教育」というコミュの管理をしているので、こちらのオフ会などでも様々な先生とお会いします。

面白いな!一緒にお仕事したいな!

と思う先生は、いつでも「私はこういう事がしたいんです」という、明確な意思を持っている先生です。

わざわざオフ会に足を運んで下さる先生はほとんどこのタイプで、お会いした先生方、皆さんとっても魅力的です。

ある先生は「異文化というものを大人向けに教えたい」と言い、ある先生は「幼児専門にバイリンガルを育てたい」と言います。「小学生に日本語で文法を教えたい」と言う先生もいれば、「中学生に英語だけで教えたい」という先生もいます。

自分のする仕事により、社会に何かしらのインパクトを与えたい、というような情熱がある先生って、かっこいいですよね。

うちの教室でも、今年はまた少し新しいスタッフさんを募集する予定があります。

いつも新しい先生とお会いして伺うのは、「一番やりたいクラスは何ですか?」という事です。

これは、とても大切な見極めだと思います。

やりがいを持って、自分の向上心や野心、夢に向かって担当するクラスなら、単なる時給のためにやるのではなく、その先生自身のために新しい力を出してもらえると思うからです。

これまでの私の教室で勤務して下さった先生や、今も勤務して下さっているスタッフさんは、皆そういうタイプです。

「この働きによって自分の能力を上げたい」「この成果を出す事によって、評価を得たい」というそれぞれの想いが乗っかって来たものは、やはり素晴らしい成果を上げます。

「時給がこれだから、出来るだけ楽にやろう」という仕事になってしまうと、これは、<教育>という分野では許されないことになってしまうんですね。

良い先生との出会いの運だけは、絶対的な自信があるので、これからもきっとうちの教室には素敵な先生が来て下さるはず!

単発でのコラボ企画なども、今年もたくさんして行きたいと思っています。企画はいつでも募集中です。

我こそはと思う方、一度遊びに来て下さいね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:03  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

がんばらなければ、日本人講師

2010年12月16日(木)

運営者としての立場で色々と勉強させてもらっていると、講師の立場では考えなかった葛藤が色々と湧いて来ます。

例えば、表面的に楽しいことと、実際の能力をつけるということ。

これは、レッスンの中では「表面的に楽しく感じる」させることを英語教授の手法のひとつとして扱っているので、矛盾はありません。

いかにこの二つを上手く取り入れ、相乗効果が狙えるか、というのが、幼児英語講師の腕の見せ所、と言っても過言ではないかも知れません。


しかし表面のイメージと実質の内容についての矛盾という点で、最近一番頭が痛いのが外国人講師の存在です。


まず最初に、素晴らしい外国人講師の方は、うちで働いていただいているPhilippe始め、たっくさんいらっしゃいます。それを踏まえた上で、書かせていただきます。

ネイティブの外国人の存在による恩恵は色々とありますが、、、いや、もちろん、本当にたくさんありますし、うちでも外国人講師を雇ってお願いしております。が、、、、、


しっかりとした目的意識を持ったレッスン進行の中では、「外国人であること」自体は、全く必要がないことも多々あるのです。


例えば、色を教えるレッスンの時、色をいかに印象的に、的確な表現で効果的な手法を用いて教える事などが求められますが、そのレッスンの目的だけを集中して考えたとき、講師が「外国人」であること自体は、全く問題にならないですね。これは、レッスンとその結果について、少し考えれば分かっていただけると思います。


外国人講師をお呼びして、例えば年に1回や2回、交流したとします。そういう学校は結構ありますね。それに魅力を感じられる方も多いようです。

でも、これによって「外国人と話せた!」と思うのは短絡的です。

レッスンで言いなさいと言われた台詞を、レッスンでこうききなさいと言われた、用意された外国人の方に聞いてもらって言うという作業に、どれだけの意味があるのでしょうか。


うちの教室には、時々外国人の先生が来ます。1名はレギュラーで来てもらっています。でも、それはあくまでレッスンのコンセプトに合っているからであって、おかしなまやかしのためではありません。


色々な国から来た友人も遊びに来ますし、レッスン内でいた方が良いと判断した場合は外国人の方にヘルプをお願いする事もあります。

そういう先生と仲良くなるのは良し、異文化を体感するのも良し。です。

でも、学習段階において無理に外国人講師を用意し、あたかも「英語教育の効果があった」というような錯覚を起こすのは、良くないなあと思わざるを得ません。


初めて会う外国人講師が来て、その人と話せれば「良し」、その人と話せなければ「ダメ」。そんな基準で見られながら、親の期待一身に背負ってやるレッスンが子どもにとって良いのでしょうか?

その日は体調が悪いかも知れないし、男の先生が苦手、女の先生が苦手、なんとなく気分が乗らない、等々、子どもにも、話したい相手と話したくない相手を選ぶ権利はあります。


外国人講師との会話を見て、

「英語が話せるかどうか」
「英語が外国で通じるレベルかどうか」

を見たいという意見もありますが、

率直に言って、時々来た外国人講師と挨拶出来るか程度では分かりません。経験ある専門家がしっかり見て判断するのが一番です。


外国人がいれば良い、ペラペラと話して「英語のシャワーをあびせ」れば良い、外国人に話しかけてもらえれば異文化交流、そういう偏見がなくなれば、日本の英語教育はもっと安価に、もっと効果的になっていくのではないかと思います。

そうなってこそ、バイリンガルが当然のように育成されていく日本になるのではないかと思います。


外国の方と交流するのは素晴らしいし、英語を学ぶのだから、外国の方とお話したいという気持ちも、よく分かる。

繰り返しますが、外国人講師にも素晴らしい方はたくさんいるし、外国人の方が担当した方が良いレッスンもあります。


が、

「外国人の先生に習っているのに、海外に行っても全然話せない」では困るじゃないですか。

「日本人の先生にしか習っていないのに、海外でもこれだけ通用した」にしなければ困るんです。


日本人英語講師はイメージが悪いですね。


「カラーコンタクト付けて、鼻を高くすれば私でも3倍稼げる」とぼやいている日本人講師はたくさんいます。本当にそうだと思います。下手な英語しか話せない「ネイティブ」の方が、見た目が日本人の完璧なバイリンガルの先生より集客率が高かったりする、ちょっとおかしな世の中です。言語力で見れば、どちらがより優秀かなんて、一目瞭然なのに。

この払拭はすごく時間がかかるし、大変なのだと痛感しています。


まずは実績、実際に、結果を出してアピールして行くしかないのでしょうね。。。

日本人講師の皆様。頑張りましょう!


今日の上位ブログはどこ?応援クリック+ランキングチェックしていって下さいませ!^^*
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

01:09  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。