2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

幼児期のバイリンガルとは

2011年09月10日(土)

バイリンガルになりたい」、「英語ペラペラになりたい」と思って英語教育をする方はたくさんいますよね^^ 

うちもそう思って、娘も自分も取り組んでいます。

しかし、実際に

 何が、どこまで出来ればバイリンガルなのか? 

は、なかなかテーマにされないものだったりします。


「バイリンガル (bilingual) 」という言葉の定義は未だあやふやで、確固たる決まりはありません。

例えば発音がネイティブレベルでないといけないとか、文法がどの程度理解していないといけないとか、単語数がいくつなければならないとか、そういう決まりがないのです。

なので、学術としてはいくつも定義があるので、何かの話をする時には「ここでは◯◯を持ってバイリンガルと呼ぶ」と先述しておく事もよくあります。


私が毎年買うのが「0歳からの教育2011」。幼児教育に取り組むのなら、こういう雑誌にも出来るだけ目を通すようにすると良いですね。





幼児期に英語教育をしていて、バイリンガルを目指すのであれば、ひとつの目安としては

◯日本語力が年齢相応にある

という大前提をクリアした上で(そうでなければ英語だけの1言語話者=monolingualです)、

英語圏でも英語で不自由無く会話し、人間関係が築ける

という事ではないかと思います。


通常、読み、書きの能力も問われますが、あくまで幼児期として考えるならば会話力のみで判断するのが妥当です。


さらに、幼児期の英語力としての完成度を見るのであれば、

◯会話の自然さ

◯意思を伝達する際の流暢さ

◯英語を聞いた際の理解度

◯発音

に注目して観察すべきでしょう。

SUNNY BUNNY Language Schoolでは、言語教育学修士と教員免許を持つ専門家が行うレベルチェックサービスをしているので、定期的に通ってアドバイスをもらうという方法もお勧めします。

レベルチェック出来るSUNNY BUNNYプライベートレッスンのお問い合わせ・お申し込みはこちらから → 



読み・書きの能力は10歳以降や成人してからの方が習得率が良いという研究結果が広く知られています。
そのため、幼児期のバイリンガル教育においては読み・書きの能力に関しての評価は比較的得られ難いと思います。

私もいち講師としてお子さんの英語レベルチェックなどをさせていただく際は、やはり何よりも会話の「英語力」と発音、様々なシチュエーションでの応答などに特に着目します。


話せる子、コミュニケーションが取れる子、を目標に、小学校入学前の取り組みを考えると良いのではないでしょうか。


↓2つのボタンを押すと、このブログの応援になります。押していただけると、すごく嬉しくてまた書く元気が出ます!1日1回、どうぞお願い致します~m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

赤ちゃんの心配 うちの子は遅れている??

2011年06月10日(金)

0歳のお子様のママさんは、心配事がいっぱいだったりします。

初めての子だと、一体、どの時期に何が出来れば良いのか分からなくて、何もかも手探りですよね。


本には◯ヶ月で寝返りと書いてあるのに、寝返らない!!(><;

◯◯ちゃんはもうおしゃべりするのに、しゃべらない!!(><;

◯◯君はもうつかまり立ちするのに、ハイハイもまだ下手!!(><;


色々と、不安になり始めると、とっても不安で焦ってしまうのが、赤ちゃんのママなのかな、と思います。

我が子可愛さ故に、心配も大きいんですよね^^


ひとつだけ、心配すべきなのは、障害があるかどうかだと思います。

「ちょっとおかしいかな?」という不安があれば、専門家に確認するのはとても大切だと思います。
早いうちから適切なサポートを受けるか受けないかで、将来大きな差が出ることもあります。


でも、その心配ではなくて、単に「優れている」か、「劣っている」か、出来る様になる月齢が「早い」か「遅い」かという話は、

結論から言うと、

心配するのは、ご無用ー!!!(><)b

です。

本当のことを言えば、赤ちゃんの時期の優劣なんて、ほぼ無いに等しいのです。

それよりも、愛情を与えられたか、ママにたくさんかまってもらえたか、という、人格や情緒の形成が、その後の人生に多大な影響を与える時期だと思います。


健康かどうかをきちんと観察してさえいれば、

あとは競わせたり、心配したりするのは一切止めて、

「いかに褒めるか」「いかに愛するか」

ということに全力をかけると良いと思います。^^


この教室に行ってみる! → 


2つのボタンを押すと、ランキングが表示されます。1日1回、どうぞお願い致します~m(_ _)m
↓2つのボタンを押すと、このブログの応援になります。押していただけると、すごく嬉しくてまた書く元気が出ます!1日1回、どうぞお願い致します~m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

0歳児にお勧めの英語の歌

2011年05月19日(木)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英語教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

0歳から英語を始めるなら、歌はとってもお勧めです。

ママやパパが英語の歌を歌うことで、英語への親しみだけでなく、情緒を育んだり親との信頼関係を築いたり、精神的に安定させたりと、色々な相乗効果が期待出来ます。

0歳なら、何と言っても子守唄からですね。

寝かしつけの方法に、日本国内の知恵だけでなく、英語圏の知恵も取り入れる。素晴らしい試みだと思います。


CDも、子守唄用のものも売っているのでそういうものから入ると分かりやすいかも知れません。

王道でお勧めなのは何と言ってもWee Singでしょう。

安い、歌詞あり、曲数多し、選曲は有名どころばかり、と、何拍子も揃った優秀CDです。



これは英語圏でもよく知られていて、実際に海外に行っても愛用している方に多く会います。こういうCDは良いですね。

いきなり英語圏のものだと抵抗がある方は、日本でも良い本が出ています。CD付きで、解説もとても良いです。

この本とCDはぼろぼろになるまで使いました。意味や由来をしっかり日本語で理解しながら覚えられるので、始めての方にはとてもお勧めです。



まずは気の向いた時に歌詞を見ながら聴いてみて、気に入ったものを1曲選んで何度か練習してみましょう。

最初はCDと一緒に、慣れてきたら自分だけで歌います。

歌えるようになったら、ぜひ子守唄のレパートリーに入れてみて下さい。

こんな形での英語教育、とっても良いと思います。



↓クリック応援お願いします!

こちらの2つのボタンを押していただけますと、ブログ更新する活力になります。よろしくお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

0歳から英語の「音」で遊ぶ

2011年05月16日(月)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英語教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

最近ではよく、「英語耳」とか、「英語脳」とか言う言い方が流行って、それを赤ちゃんのうちに育てようという動きが目に付きました。

面白い言い方ですね。

赤ちゃんの頃に楽しい記憶と共に慣れ親しんだ音は、自然と体に入って行くものです。

私はこれを、ママと一緒に「発音遊び」をすることを通して取り組むと良いと考えています。

例えばA-Zまでの発音を、きちんと正しく出来るように練習すること。これは、立派な発音練習だし、上手くやれば赤ちゃんと一緒に出来る発音遊びになります。

Cの発音なんかは、日本人でも上手な方が多いですが、これは日本語にはない音ですね。

シーより少し鋭く、スぃー!のような音。これだけを何度も繰り返して練習するだけでも、赤ちゃんの耳をちゃんと鍛えてあげられます。

Fはどうでしょう。上の歯に下唇をそっとつけた状態で、息を吐き出します。フーというか、ヒューというか、シューというか、そんな音が出ますね。

この音を出してあげると、驚いて一生懸命口元を見てくれる赤ちゃんも多いと思いますよ。

必要なものは、アルファベットだけ。表でも良いし、おもちゃでも良いです。無ければ紙に書いてしまえば良いのです。それがあれば、いつでも遊べます。

ひとつ注意したいのは、せっかく発音練習する時は、正しく練習すること。

教室できちんと先生に習うのが一番ですが、どうしても出来ない方は発音練習の本を一冊買って、その方法で取り組むと良いと思います。

え、単に発音練習してるだけじゃない。赤ちゃんと遊べてるの??と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、騙されたと思って、とりあえずやってみて下さい。

例えば、「あっぷぷぷー!」とか、舌でタンタンと音を出したりとか、チュッとか、ポンとか、口で面白い音を出して赤ちゃんをあやす方がいらっしゃいますよね。あれと同じ原理なのです。

面白い音を出すと、赤ちゃんははっとそちらに集中して見つめるものです。なんだろう?どうやってるんだろう?と思って、じーっと見るんですね。

赤ちゃんによっては、ケタケタと笑い出す子もいます。

そう。ママの発音練習は、赤ちゃんをあやすのにももってこいなのです^^

ぜひやってみて下さいね。

こちらの2つのボタンを押していただけますと、ブログ更新する活力になります。よろしくお願いします!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:27  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

0歳から始める英語のお勧め方法

2011年05月15日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英語教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

0歳からでも英語教育は始められます。

でも、くれぐれもやり方を間違えないようにしたいところです。

色々な理論がありますが、最も気をつけたいのは「母語」をおろそかにすること。

英語教育は、<言語>教育。つまり、ことばを教えるということです。ことばを教える時、母語である日本語に敬意を払わないというのは、本末転倒です。

英語教育をすると決めたから、英語しか話さない!なんて、英語の語りかけ本を手に必死に読み上げて行くなんていうことは避けましょう。

普段の語りかけは、基本的に日本語にすること。これが基本です。

そしてその日本語を話す時も、感情を伝えるんだ、ということを念頭に置く事。これがとても大切です。


さて、その上で英語教育を追加して行きましょう。

具体的にお勧めなのは、何と言ってもこの2つ。

1、歌

子守唄が何よりの基本です。Twinkle, twinkle, little star (きらきら星) などを歌ってあげて下さい。

手遊び歌もお勧めです。Open, shut them など、簡単で楽しいものから。歌いながら、ママが見せてあげます。手の動きを見る事で脳が刺激され、身体発達にも良い影響が見られると言われています。

2、絵本

赤ちゃんでも楽しめる絵本を選びましょう。どんなのもが、赤ちゃんでも楽しめるか?というと、答えは簡単。ママが赤ちゃんに読むのが楽しいと思える絵本、それが良い絵本です。

0歳のお子さんはリピートする必要も、内容をすべて理解する必要もないので、ママのレベルと興味に合わせて、自分が子どもに読んであげたいなと思う絵本を本屋さんでじっくり選んで読めば良いのです。

読む際のポイントをあげるとすれば、◯感情を込めること、◯同じ本を何度も繰り返し読む事 です。

絵本を読む際に、気持ちを乗せて読み上げるのと、ただ文字を読み上げるのでは、全然違うものになるんですね。特に0歳のお子さんには!!です。

何度も読むというのは、1度に何回もという意味ではなくて、毎晩読むとしたら、今日も明日も、また同じ絵本、少し変えたら、また同じ絵本、と日を変えて繰り返し読むという意味です。(もちろん、1日に何度も読みたければ読んでも大丈夫!)

幼い子どもは繰り返しを好みます。同じことを何度も何度も聞く事で、やっと少しずつ理解して行きます。

それが子どもの心の成長にも良い絵本だと、それがとっても大切な「大好きな絵本」として定着して行くと思います。


私は、0歳の子どもに英語教育を始めるのはとても良い事だと思います。

文字が読めるとか、単語がいくつ分かるとか、そんな大人の都合の自己満足は絶対にダメ。


親との貴重なコミュニケーションを通して、温かくて、嬉しくて、穏やかな感情を育みながら、英語教育の思い出をかけがえのない経験にして行く。そんなイメージで取り組んでいただきたいと思います。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の元気が出ます^^)9!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。