2009年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2カ国語を学ぶ負担

2009年05月21日(木)

Pansy Classの可愛い赤ちゃん、Ayanoちゃんのママから、「まだ幼い子どもにとっては、母語を学ぶだけでも負担だというのに、外国語も学ぶとなると、負担が大きいのではないか?」という質問をいただきました。

その時は、「負担があるのは確かです。でも、それを望ましい方法にする手段はあります。教え方や英語の取り入れ方を間違えなければ、心配ないですよ。」とだけお答しました。今日はこの根拠についてもう少し詳しくお話します。

確かに言葉を学ぶという作業は大変で、負荷はかかるものです。言語というものは赤ちゃんにとっては全く新しいコミュニケーション方法であり、その仕組みを理解し、覚えるという作業には途方もない時間と労力を要します。
日本語に関しては、あたかも自然に、何の苦労もなく身に付けてきたかのように錯覚してしまう方が多い中、Ayanoちゃんのママはとても鋭い視点をお持ちだと思いました。よくAyanoちゃんを見てあげている証拠ですね^^

まず、負担をかけるのは悪い事か?という問題を考えてみましょう。

腹筋や背筋が未熟な赤ちゃんは、長い時間をかけて少しずつそれらの筋肉を発達させて、お座りが出来るようになり、やがては歩けるようになりますが、それは、赤ちゃんは全身に力を入れて泣いたり、おっぱいを飲む時に口や腹筋などを使ったりする事で、少しずつ体に負荷をかけて発達を促しているからなのです。

「体に負荷をかける⇒休息を取る⇒より強く成長する」という繰り返しにより、赤ちゃんはものをつかんだり、笑ったり、歩いたりする能力を獲得していきます。つまり、負荷をかける事は、成長するための第一歩です。

負荷が悪いかどうかという問題に関しては、「成長をしたいのなら、負荷は必要不可欠である」と結論出来ます。

こんな風に言うと、子どもに苦しみを強要する事が成長を促すというおかしな論のように聞こえますか?そういう事ではないのです。

次に、負荷のかけかたについて考えましょう。

例えば、叱られて、泣きながら校庭を10周させられたら、心身共に非常に重い負荷がかかります。もう嫌だ、二度としたくない、と、もしかしたら走ること自体を拒否するようになるかもしれません。こういう「負荷」は、文字通り「負の荷=重荷」でしかなく、習得の障害となるだけです。

しかし、気の知れた仲間と笑いながらバスケットボールをして汗だくになった時はどうでしょうか。時間が経つのも忘れて、川で水遊びにあけくれた時はどうでしょうか。自然を満喫しながら登った山の頂上から、忘れられないような美しい景色を見た時はどうでしょうか。

体は筋肉痛になるかもしれないし、汗はたくさん出ます。明らかに、体には負荷がかかっています。試合なら勝つための戦略を、川遊びなら水の感触を、山登りなら登る際のバランス感覚などに頭をめぐらせて、脳にも負荷をかけることでしょう。しかしその疲れは、前述の「重荷」のようなマイナスの要素には成り得ないのがお分かりいただけるかと思います。

ああ疲れた!でも楽しかった!またやろう!

こういうサイクルは理想的です。

1日の終わりにグッタリと疲れるというのは、素晴らしいことです。充実した日を送った人にしか言えない言葉です。疲れるからこそ、よく眠れます。よく休息を取るからこそ、成長出来るのです。

言語教育の話に戻ります。

2つの言語を学習することは、1つの言語のみを学習するよりも、言葉を学ぶ上での効率が良いと言えます。比較する対象を持つことで、一つの言葉しか学ばない場合には見えない部分がたくさん見え、理解がより深まります。

語彙が増える事により表現力も増えますし、異なる文化背景を持つ言語を学ぶことで、異文化理解にも柔軟な姿勢が育まれます。

サイモン先生の研究でも、英語のイマージョン教育を受けてきた子どもの方が、日本語の教育しか受けてこなかった子どもよりも日本文化に対する理解度が高いという結果などが見られました。

つまり、言語教育としては、2言語を習得する方がより質の良い教育効果が期待出来ると言えます。

確かに1言語が2言語となる事で負荷は増えます。ですが、それが過剰な負荷であったり、精神的に嫌悪感を抱かせるような方法であったりさえしなければ、通常は心配はいりません。

正しい方法で子どもの興味を引きながら教える外国語教育は、脳への「良い負荷」つまり、「良い刺激」となり、質の良い休息を与えることによりより高い言語力の獲得を促してあげることを可能とします。

今日のまとめとしては、

1.2言語を習得する事は、1言語のみを習得する事よりも望ましい教育であると考える
2.言語教育の際の子どもの精神状態は極力好ましい状態となるよう配慮し、負荷を負荷と感じさせないような形で教育してあげるべきである

となります。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

11:39  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

Kozy Bear and the Feefers SHOW

2009年05月14日(木)

4月のKozy Bear and the Feefers ショーについて、遅くなりましたがレポします~!

Simon先生が今最も情熱を注いで取り組んでいる、Kozy Bear and the Feefers というアニメーション。今回のショーは先生自身が製作者の一人でもあるこのキャラクターたちのアニメーションを日本で広げるための第一歩でもありました。

すばらしかったのは、ReËNTA tasteさんという会社の方との共同でショーを作り上げた所。アニメーションで見たまんまのキャラクターをそのままパペットにして作って下さったり、音響や映像の管理、台本作り、パペット操作、プロの方ってすごいなぁ~と感動しました。演劇・舞台関係のお仕事に精通したスタッフさんとの打ち合わせと本番の進行はとても楽しかったです。


↑映像で見たまんま!すばらしい出来のパペット。本番までの短期間で制作、操作を仕上げて来て下さりました。すごい!!

子どもたちはパペットが出てくるお家の前のフロアに座って、パペットの間近で一緒に歌ったり踊ったり出来ます。

マイクなどの機材もしっかり揃えていたので、マイクをお子さんに向けて、参加して下さったお子さんの声をマイクで流したりというパフォーマンス等も入れて、お客さん参加型の楽しいショーとなりました。

皆の知っているABCの歌を歌ったら、次はフォニックスバージョン。皆、慣れないフォニックスバージョンの歌の方も一生懸命私や先生を見て一緒に歌ってくれました。歌う時に使うラミネートABCカードはおもちかえりOK!こういうの、すごく重宝するんですよね^^私も娘に1枚いただいて来ました。

コージーベアのアニメに、風船がたくさん飛んで遊ぶシーンがあるのですが、その映像を大画面で流し、皆がそれを見ていると・・・なんと、皆の前に本当の風船がたくさん飛んできた!!というような演出もあり、特にアニメの方を何度も見て知っていたうちの娘なんかは大興奮でした。

終わった後、「またコージーベアの風船が飛ぶ所に入りに行きたい!(←画面の中に入るって意味です^^)」なんて言ってました。

楽しい子どもタイムが終わると、お子さんはみんな後ろのキッズスペースへ移動し、保護者の方向けの研究報告&質疑応答タイムがあります。

当日の朝、急きょこの時間の通訳を頼まれ、緊張したのですが、いつもお話しているサイモン先生の英語だったし、内容が私の専門分野でもあったので、比較的やりやすくは感じました。が、緊張しました~!(><*

最後はコージーベアとフィーファースやサイモン先生と一緒に写真が撮れる時間までありました☆こういうのが、幼い子を持つ親としては嬉しいですよね^^



次回のショーはまだ未定ですが、また遠くないうちに楽しいイベントが開催されるようです。皆様、お見逃しなく☆

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

23:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

☆ SUNNY BUNNY バッグ☆

2009年05月13日(水)

今年から、入会していただいた方にSUNNY BUNNYバッグとバッヂをプレゼントしています。

バッグはとてもシンプルな小さめバッグにSUNNY BUNNYハンコとリボンハンコを押しただけの、シンプルなもの。

「アレンジは自由です。名前を書くとか、キーホルダーを付けるとかで良いので、自分のものと分かるようにしておいて下さい。」とお伝えしておきました。

すると、

なんと、

すごいことになりました!!!(*・▽・*)

なななななななな、なんと!!

こんな風に「アレンジ」してきて下さったママさんんが!

5月09携帯 016

むきゃ~~~~~☆

可愛い~~~~~~~☆☆☆

ペラッペラだったバッグに、ピンクの布が付き、裏地が付き、レースがついて・・・可愛いし、とっても使いやすそうになっています!

見てーー!って、そのままこのバッグお借りして町内走り回りたくなりました。いや、ホントに・・

作って下さったのは、Turn around! って言うと、ちゃんとクルクル回るのを見せてくれた可愛いRanちゃんのママさんです。

Ranちゃん、Clap your hands!!って言うときはもちろん、普段から私がみんなを褒めて拍手する時はほとんど毎回一緒に手を叩いてくれます。こういう、人への共感が高いお子さんは話し始めるのも早いと思います。これからが楽しみです♪^^*

はじめての英語育児のなっちゃんはこんな風にアレンジしてきてくれましたぁ♪

5月09携帯 014

刺繍~~~~♪((*^▽^)ノ

すっごーーーーーーい☆

さくらちゃんと初めて会ったのは、まださくらちゃんが赤ちゃんの頃。mixiの「0~6歳の英語育児」コミュのオフ会で出会ったのでした。(Aidesは「0~6歳の英語育児」コミュの管理人もしています。mixiやっている方、覗いてみて下さいね。)

とってもオシャレでスタイル抜群~なママ、なっちゃんと、なっちゃんにそっくりなさくらちゃん。最初の頃、ちょっと内気なところがあるさくらちゃんを見て、「うちのみい(娘)と同じタイプ?(ーvー*)」と思って一気に親近感が湧いたのを覚えています。(といっても、みいと比べたらさくらちゃんは全~然、出来る子です!笑

なっちゃんがこの前SUNNY BUNNYの事を紹介する記事を書いてくれました(^^* ⇒ 改めて英語育児をするの巻

前の記事でも書きましたが、SUNNY BUNNYは自分が創り出した、とっても思い入れのある名称。それをこういう風にアレンジしてくれて、一緒に楽しんでもらえていると思うと、

ほんとに・・

涙が出ます・・・(:v;*

生きてて良かった~~~(笑

本当にこういう仕事を始めて良かった!って思います。皆さん、本当にありがとう!!!

あ、

ちなみに、

私は一切手芸は出来ません・・(--;

全く手芸出来ない方の参加ももちろんOK!^▽^*)ノ なので、手芸苦手派の参加者の皆様、参加ご検討中の皆様、やらなきゃ~なんて思わないでくださいね☆

それぞれの得意分野をほめたたえながら楽しんじゃいましょう~♪

まだまだ写真に収めていないSUNNY BUNNYバッグもあるので(なすびさんの工事中バッグも・・!)、また機会を見て自慢・・・いや、紹介させていただきます^^*

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

21:10  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

SUNNY BUNNY名前の由来

2009年05月12日(火)

良いお天気が続いていて気分が良いですね~^^

今朝は起きにくいな~と思ったら曇りでした。私は体調が天候にとても左右されます。曇りの日は体がだるく、雨の日は気分も一気に沈みます。寒くて外が暗~い雨の日は何をしてもダメな気分に・・・(**;) 

逆に、晴れの日はかなりの高確率でポジティブでウキウキしています。お日さまがパー!っと出て、暑い~!!って日。新しい事を始めるアイデアが湧いて、自転車をこぎ始めるとずーっと漕いでいた区なるし、お店に入れば店員さんとワイワイ話を楽しみます。

ところで、昨日Pansy ClassでSUNNY BUNNYの由来を聞いていただきました。今日はSUNNY BUNNYの意味とどうしてこの名前を選んだのかというお話。

SUNNY BUNNYは「陽気なうさちゃん」という意味です。

なんだかこれだけで、いかにも子どもに愛されるイメージがあると思います(^^* 子どもと一緒に歌って踊る、楽しい空間にいるキャラクター。イメージがぴったりでした。

同時に、「晴れの日うさちゃん」というような意味もあります。

SUNNYは sunny dayという言い方もあるように、お日さまの出ている、良い天気という意味がありますよね。まさに私が大好きな天気です。

さらに、赤ちゃんを連れてママさんに来ていただくうちのレッスンでは、出席率も天候に大きく左右されます。

今年から月謝制になりましたが、去年までは一回ごとのレッスンで、雨で人が集まらなければ即そのまま赤字!という時期もありました。

去年になると人数もかなり集まり、雨の日でも10組も参加いただけたりするようになったのですが、やはりレッスンの日は晴れますように!!と祈らずにはいられません。

6月は雨の日ならではの歌やアクティビティも用意して、雨でも楽しくしていこうと思っていますが、願わくばいつでも☆SUNNY☆だと嬉しいですね。

気分も天気もSUNNYでありますように!

という願いが込められています。

そして、名前の発音とリズムに関してもこだわりました。

BUNNYを選んだのは、Bが両唇音と言って、上下の唇の接触の動きによって出される音から始まるという事がひとつ。

M、P、Bなどの両唇音は、赤ちゃんが最も出しやすい音と言われています。

「ママ」「マンマ」「パパ」「ばあば」「バブバブ」「ブブ」・・・

赤ちゃんが生まれて初めて口にする、代表的な言葉の多くは両唇音から始まる言葉です。

BUNNYもBから始まる音なので、親しみやすいであろうという考えです。

また、SUNNY BUNNY は韻を踏んでいます。

最後の音が、両方とも -NNY で終わっていますね。

韻を踏むのは英語圏の人が非常に好む音のリズムです。

これを選ぶのにとても苦労して、一時期はーNY の音で終わる単語を思い出しては色んな辞書で調べてブツブツ言っていました。

TINY?

FUNNY?

RAINY?

HONEY?

ここまで条件の揃うもので、かつ、単語の裏の意味やどういう時に使われるかというのを入念にチェックし、ネイティブの友人や外国人の友人に「どういうイメージ?」と聞いてみたり(たいてい、「可愛らしいじゃない!」と言ってもらえました)して、決定しました。

これに加えてクラス名の候補とイメージを作るのに、ノートを半分くらい使って絵を描いてみたり、コンセプトを書きだしてみたりしました。

結果、呼ぶたびに前向きな気持ちになれて、可愛らしくて、あったかいイメージのある名前が出来たと思っています^^* (超自画自賛でごめんなさい!あはは~(^▽^;;

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

11:59  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

sticker dolly dressing

2009年05月11日(月)

ちょっとダラケ気味だった我が家の英語タイム。

何か魅力的なアイテムでまた楽しい時間を過ごせたら~なんて思って新宿の紀伊国屋に行って来ました。

ざわざわした街ですが、新宿は地元なので、なんとも気分が落ち着きます^^

そこでみいの大好きそうなアイテム発見!!

”Sticker Dolly Dressing”



たくさん、たくさん、シールがあります。1ページが1シーンになっていて、そのシーンにふさわしい服装のシールが1ページ分あります。そこで、Chloe says, “Mimi, I need a hat!”とか会話しながらシールを貼って楽しみました。

みいの食いつきはもうカンペキ。今朝も起きてすぐに I wanna play with this!! とこの本を持って来て1ページ遊んだので、幼稚園に行くのに家を出る時まで英語で過ごせました。

魅力があるアイテムや題材があると、こんなにも自然に楽しく英語が使えるですね~。これからも教材はこういうタイミングで買い足して、楽しく選んでじっくり使う方法でやっていきたいな~と思いました^^

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
パンジークラスのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
会報係のなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

14:35  |  英語の絵本  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

スランプ?

2009年05月10日(日)

GWを利用して(といっても、ちょっとはみ出して少し幼稚園を休ませてしまいました)旅行に行っていたため、しばらく更新しませんでした!

旅行は与論島に行って来ました。鹿児島県なんだけど、沖縄よりの小さな島。とっても素敵でした~。パパはGWとかない仕事の人なので、母子二人旅。すべての肩の荷をおろしてこれたという感じ。とってもスッキリした気分になって帰って来ました。リフレッシュに海辺リゾートは最高ですね。

スランプ?というのは、みいの英語の話。今年はメインで担当するクラスは1つだけなので、ゆったりと楽しんで取り組んでいるため、あれをやろう、そうだ、ここはこうやってみよう・・と、いろいろとアイデアが浮かぶのですが、娘の方は・・・・

だらけまくりです。

サイモン先生が的確なアドバイスを下さって、5W1H(いつ、どこで、誰が・・ ってやつですね)を答えられれば良いのではないかと提案して下さったんだけど、WHEN以外は理解しているみたい。そしてその後の難関は過去形と未来形とのこと。なるほど。

でも、これまた根気がいるなぁ。

ということで、やっぱりなんともボンヤリと過ごしています。今までも大して娘にはやってこなかったつもりだけど、娘と同じ年齢の子のレッスンをたくさん持っていたから授業準備の時に自然とみいと英語を使っていたのだと思う。みいからしたら、ちょうど面白そうな歌やクラフトを私が作ってくれるので楽しかったんだろうな。

今回の旅行も、4日間で英語を使ったのは、外国人の家族が隣のテーブルに座ったのに触発されて英語になって、その後お風呂の時間くらいまで話した3~4時間くらいだけだったな。

ひとつ気づいたのが、絵本とか、そういう魅力のある教材とか、英語を使うのが自然になる「何か」があると、とてもやりやすいということ。

今までは日常会話をするのにいっぱいいっぱいだったけれど、とりあえずできてしまうと、後は地道~~に、文法の間違いを直したり、より自然な言い回しにしたりしていく作業になる。

つまり、

飽きる!

新しくて楽しい何かがないと、人は学ばない。レッスンでは当然のことだけど、自宅でやろうとするとなかなか難しい。でも、続けていくなら何かは必要だよね・・・

ということで、そろそろ何か新しい試みをしてみようかな~と模索中です。

今読んでいるのはLife Storyという、銀河系から古代の地球、そして恐竜時代とかずーっと来て今の地球になるまでの話の本(後で時間あったらリンクはります~)。かなり長いんだけど、すごく楽しい。

こういう、ちょっと複雑で、学ぶ対象がある絵本や教材をこれから探してやろうと思います。英語自体に親しませ、英語自体を学ぶということから、英語で新しい知識を得たり、自分の感情を表現したり想像をふくらませたりする段階です。

この段階を一緒に共有できるクラスがないのが少しさみしいな・・・ がんばってみいと同じ位の子を一名募集してやってみようかなぁ?うーん。

こんな時が私の本屋通いのタイミングです。今日もこれから洋書コーナーをぶらつきに行ってきます^^

いいのがあったらまた報告しまーす!

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。