2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

家探し、場所探し

2010年01月31日(日)

去年からずっと家探しをしています。

理想は、一階が教室で二階以上に住めるような家。

難しいのは、子育てしながら住むのに良い環境と、英語教室として良い立地は同じではないという事・・。

やはり、家は家、教室は教室の方が良いのか・・悩みますね。

家を買うまでは、少なくとも借りなければならないのは決定なので、事務所がほしくて不動産を回ってみたりもしました。

今年はまだ区民館活動になりそうですが、近いうちに事務所を借りられるよう、頑張ろうと思っています。

今年は区民館になる分、区民館でどれだけ高いパフォーマンスが出来るかが課題になりそうです(>_<)

頑張ります!

実際に会いに来て下さいね~☆ ⇒


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you
スポンサーサイト
00:52  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

フランス語~♪

2010年01月29日(金)

SUNNY BUNNYにフランス語支部が出来ましたぞ~!^^

今日、初のフランス語サークルを開催しました。

ああ、全然まだ話せない言語のレッスンってすごく新鮮!!

英語レッスンは色々見学も含め見て来ましたが、フランス語だと全然違って見えます。すごく勉強になります。

語学って良いですね~。。。

これで1週間に、1回英語レッスン(講師)、1回中国語、1回フランス語という、夢のような生活が始まる事になりました。

頑張るぞ~♪



実際に会いに来て下さいね~☆ ⇒


○お問い合わせ・お申し込み⇒ sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp

↓クリック応援がブログの命・・。よろしくお願いします!(><
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

22:49  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

月曜は体験レッスンですよ☆

2010年01月28日(木)

次の月曜日、2月1日は ママ+ベビー の Pansy Class 体験レッスンの日ですよ~!

駆け込み申し込み、まだ間に合います!!迷っている方はとりあえずご連絡下さい。コチラヘ⇒ sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp

このブログの著者、覇織(旧 Aides)本人がレッスンさせていただきます ぜひぜひ、いらして下さいませ!

< ☆SUNNY BUNNY☆ Pansy Class '10 体験レッスン >

2010年2月1日(月) 10:00~10:45

場所:Kozy Bear School 地図⇒ http://sunnybunnycircle.web.fc2.com/access.html
   東京都文京区白山3-6-8
  (*場所はお借りしている所で、SUNNY BUNNY所有ではありません。4月からは場所を変更する場合がございます。ご了承下さい。)

対象:親子(0~3歳の幼稚園前のお子様+ママ)

費用:1000円 (当日入会でキャッシュバック♪)

お問い合わせ・お申し込み sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp


1年間で、ご家庭での幼児英語教育の基本が学べる!という、画期的かつ意欲的なレッスンで大好評をいただきましたPansy Classのレッスン。

独自のカリキュラム、専門講師によるママの発音レッスン、親子タイムはオールイングリッシュ!という、時間をフル活用した質の高いレッスンをぜひ見に来て下さい。


ゲームで遊ぶだけの英語レッスンでは、限界がある。。。
ネイティブとただおしゃべりするだけの英語レッスンでは、限界がある。。。


どちらも、基礎英語力をしっかり身につけるためには不十分だからです。では、足りない部分は何か?どう補えば良いのか?

⇒分かりやすい実践レッスンとママのお勉強タイムで、しっかり学びましょう!


家でのサポートはどの程度必要なのか?
日本語との両立をさせるにはどうすれば良いのか?
効果的な英語の語りかけ方法とは?


そんな質問への答えを、1年分用意してお待ちしております!


SUNNY BUNNYは、子持ちの主婦が主催している小さな小さな団体です。小規模ながら、非常に手間暇をかけた専門的なレッスンを維持するため、来年も、むやみにレッスン数を増やす事は検討していません。

きちんとスタッフをそろえた上での、8名限定での募集となります。

ご興味のある方、ぜひお越し下さいませ☆


レッスン詳細はホームページでご確認下さい⇒


○お問い合わせ・お申し込み⇒ sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp

↓クリック応援がブログの命・・。よろしくお願いします!(><

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
パンジークラスのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
会報係のなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

21:04  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Barney's Rhyme Time

2010年01月28日(木)

今朝は空手の早朝稽古にみいと参加し、すっごい達成感と共にすんごい筋肉痛に襲われている覇織です^^; 皆様いかがお過ごしでしょうか?

さてさて今日は最近ヒットのDVDのご紹介~♪

来ました来ました!久しぶりのヒットキャラ!!

その名も“Barney”(バーニー)。



このDVD安いし質が良いし、すっごく良いですよ~!

最後の音を揃えるライミングを、なんとマザーグースのおばちゃんが本から飛び出して来て、マザーグースを歌いながらライミングの楽しさ、面白さを教えてくれます。

歌もたくさん覚えられるし、構成も良い!とっても教育的だし。

表紙のアヤシイ紫の恐竜もどきみたいなのが主人公 Barney 。

おかしな鼻声だし、目は優しさを強調しすぎててむしろ不気味。

そんな怪しい Barney に・・・・

うちの娘は

ぞっこん

です!(爆

TV観ようかと言うと、いっつも、Barney 観たい、Barney 観たいと言ってます。そしてさも嬉しそうに一緒に歌ってます。

今では私まで Barney のぬいぐるみがほしい!! なんて思っているから、Barney 恐るべしです。

冗談まじりにご紹介しましたが、いや、ホント久しぶりに教育的でよく出来た良いDVD買ったな~と満足していますよ^^



↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

20:41  |  英語のDVD・CD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

「お家で英語」の3種類

2010年01月27日(水)

家庭内で英語を使うようになった我が家。

日本での評価は、一般的に「変」か「やりすぎ」、もしくは「意味不明」のイメージかなと思います。^^

しかし海外にひとたび出ると、「それはすばらしい事をしているね!」と言われる事がほとんどです。

バイリンガル教育の歴史が長い国では、家庭内での言語と外での言語、学校での言語を分けるというのは当然の事。むしろ、そうしないならどうやってバイリンガルを育てるの?という位、当然の事。

「世界的視野」を持って言語教育を意識するのなら、英語という世界共通語を常に使うような環境に身を置くというのは非常に理に適っており、自然な事だと考える事が出来ます。

そんな意識を持って生活したいな、と思っている我が家。

でも・・・・・

実は、英語教育について話をするときは、「お家で英語を話す事を推奨しています」という方・・つまり、表面的には同じ事を推奨している方の話を伺うと、ちょっと心配だなぁとか、危なっかしいなぁと思う事が多いのです。

というのは、「お家で英語を話す」というのにも色々あって、大まかに分けて

1、 お家でも外でもとにかく英語で話す(母子間の母語会話なし)
2、 出来るだけ英語で話す(母語会話が基本だが、母親の英語力で言える事のみ、出来るだけ英語で話す)
3、 決まりを作って、ルールの中で英語を話す

という3種類があるかと思います。

私が推奨しているのは3のみです。1と2の方法に対しては、消極的というよりはむしろ、反対しています。

1が一番論外で、母親の母語が日本語なのに、一切日本語を使わずに子育てするなんて言語をなめすぎている・・・としか言いようがないのです。

母語、つまり「母の語(ことば)」は、そのまま、母親が話しかける言葉です。母語でのみ適う、心と直結した言語、それが母語です。これを軽視しては、言語教育は成り立たないというのが私の持論です。

2も、よくありません。ルールがないままだと、言語の混乱があるという危険性もいくらかありますが、それよりもむしろ社会性の方が心配だと思います。

親の思いつくままに言語を変えたのでは、まず聞きとる子どもに負担がかかります。「今は日本語で話しかけられるはず」「この時間は英語のはず」というのが分かれば、聞く方もそのつもりで聞く事が出来ますのでストレスが少ないですね。

これが分からずに、今まで日本語で話していた人間が唐突に英語で話して来たら、「何だ?!」と混乱するのは当然。

あなたの日本人の友人が、唐突にドイツ語で語りかけて来たら、どう思いますか?いつもは日本語の上司が、いきなりフランス語で叱りつけてきたら?

非常に聞き取りが難しく理解に苦しむのはもちろん、人によっては
「何だこいつ?!」「馬鹿にしてるの?」と、腹を立てるかも知れません。

つまり、お互いが了解した言語で一貫して話すというのは、「会話」というものを快く成り立たせるための最低限のルールの一つなんですね。

言語教育は、人とのコミュニケーションの教育でもあるべきだと私は思います。

2言語を相手の気持ちも考えずにコロコロ変えるような方法を親がしていたのでは、人との会話のマナー違反の方法を教えているようなもの。これはいただけません。

推奨しているのは3のみで、一定の分かりやすく、かつマナーという面から見ても常識的なルールを親がまずしっかりと決め、その中で英会話と日本語の会話を上手に取り入れていくべきだと思っています。

ルールについての具体的な方法は時間がかかるのでまたの機会にお話ししますね。

まぁ、そんなわけで、「お家での英語教育を推奨しています」という方は、もしかしたら1か2かも知れないな・・と思う理由から、私は少し警戒します。

一体、どんな考えで英語教育を広めようとされているのだろうか・・

「お家で英会話を頑張っています!」というママさんも同様です。どのようなルールでやっていらっしゃるのだろうか・・・。なんて。

ちょっとおかしな話ですが、こんな理由から、うちの方針とは逆に、「早期バイリンガル教育には、どちらかというと消極的なんだけどね」とか、「早期からする事にはちょっと心配があるとは思う」とか言う英語の先生の方が、自然にお話が合ったりする事も多々あるんですよ。

生徒さんの事を本当に大切に想っている先生は、新しい方法に慎重な事が多いんですね。既に数十年以上の実績がある教授法等は、大きな成功も少ないけれど、大きな失敗も無い。責任持って生徒さんを教える際、やはりまず大きな失敗を避けようとするのは常識ある講師の当然の態度だと思います。

ただ、早期英語教育に関して慎重すぎる方は、単純に日本ではまだ全く未開拓のこの分野に関する知識が不十分であることも多いと思います。

そういう方は、どんな考えでリスクを減らし、どのようなアプローチでしようと試みているかという話をしっかりとお話すると、むしろ心強い賛同者になっていただけたりするわけで、そういうお話もとっても楽しいのです。


↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

21:33  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

発音の話題

2010年01月26日(火)

発音って色々あるけど、どういうのが好き?

なんて話を、スタッフさんたちでランチしながら話しました。

フランス語の Yuko 先生は、イギリス英語が好きとか・・・

イギリス留学後、カリフォルニアの大学に行った Kimiko 先生は、以前はバリバリのイギリス英語だったけれど、アメリカ在住が長くなるにつれてアメリカ英語になっていって、今はmixになっているとか・・

Madoka 先生は教えるための英語として重点的に学んだので、ハッキリ分かりやすいアメリカ英語になったとか・・

色々あって、面白いなぁと思いました。

私も実は、憧れはかっこいいイギリス英語だったりします。

クイーンズイングリッシュと呼ばれる、王族の気取ったイギリス英語にも憧れるけど、実際に真似してみると、私なんかはキャラじゃなくてちょっと気持ち悪い事が判明・・(-v-;

知的な感じを漂わせながらも、古くさくなくて、オシャレな感じの英語。理想だな~

ちなみにレッスンでは基本的には、きちんとした模範教科書英語、つまり聴き取りやすいアメリカ英語を心がけていま~す!


↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

08:40  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

仲間って良いなぁ~

2010年01月25日(月)

今日も講師ミーティングでした。

どうすればもっともっと楽しくて効果的なレッスンが出来るか?

どうすればもっと生徒さんに喜んでもらえるか?

一人で考えていると、ぐるぐるぐるぐる・・・・・

堂々巡りになってしまう事もあるのですが、講師ミーティングという形で数人で知恵を絞ると、

そうか!!(・□・ 

というひらめきがたくさん出て来ます。

皆英語が堪能な先生が集まった事もあってか、議論がとても活発。皆であーだこーだと意見を出してくれるので、どんどん話が進みます。

今日は4月からの新レッスンで使う ハロー♪ の歌と、 バイバイ♪ の歌を決定しました。

歌をたくさん知っている Madoka 先生 を筆頭に、皆で歌い、踊り、悩み・・・

決定しました!

決定後は、早速特訓!!

ハロ~♪  ・・・声が小さい! Σ(>□<)ノシ

ハロ~~♪  もっと手をこう動かした方が・・・ (~□~)9シ

とか言いながら、皆で何度も歌って練習しました。


始めた頃は、一人で区民間借りて練習したり、家で鏡の前で何度もやったりしてた事。

皆でやると、楽しいな~♪

新クラスはきっと楽しくなるぞ♪ワクワク


↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

21:36  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

イソップ物語

2010年01月24日(日)

ハワイで買った本のひとつがイソップ物語。



この本、絵が本当に美しくて良いですよ。

とりあえず英語が分かるようになったら、こういうたくさんお話が入っている本はとってもお得ですね。

字も大きくて綺麗で読みやすくて、それでいてデザインが素晴らしい。

いかにも「童話」の世界を演出するのに良い!と言う感じ。かなり気に行っています。

イソップのお話はとても面白いですよね。

私が読んでいても、知っている話や初めて読む話など色々で、どちらも楽しい!です。

ちょっと読み聞かせるにも英語力が必要になってくるレベルですが、教訓も含まれていて、物語としても面白いので5歳くらいになったら読んであげたい内容だなと思います^^

↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

22:07  |  英語の絵本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

100 words kids need to read by 1st GRADE

2010年01月24日(日)

今年5歳になる娘の取り組みとして、これをやってみようと思っています。




選んだ理由は色々あるのですが、大まかに言うと

・1年間取り組むのに適度なボリューム(100というのもキリが良い)
 ⇒全部出来なくてもOKと思っています。とりあえずこれを進めていけば、100という区切りがあるので進行具合をしっかりみながら進めて行けるという方が使いやすさを感じます。

・繰り返しが多い
 ⇒単語を見つけてまるで囲む、書いてみる、文の中で書きこんでみる・・と、何度も繰り返すようになっています。状況を作って、「単語を見つけて川を渡ろう!」など、英会話をしながら取り組めるのも良いですね。

・フォニックスではない
 ⇒サイトワードで構成されています。ここは一番迷いましたが、あくまで読み書き指導という事で選択。
頻繁に目にする単語に親しみ、単語力を強化していく取り組みが今後私のやりたい教育に不可欠なので、その下地として選びました。


自分なりの理由の元に、文字はとにかく後回し、な英語教育をして来たのですが、そろそろこういう取り組みを始めるべきだなという感覚が出る時期になりました。

目安としたのは、ひらがな、アルファベットがきちんと書けて、読めるようになった事、また、同年代の子の中にはカタカナ、漢字も使えたり、英単語が出来る子もいる事などです。

娘に少しやらせて見ても、来年以降の学習を逆算してみても、ちょうど良い開始時期のように感じます。

ちなみに以前、フォニックスの本を買ってちょこちょこやった時、

「読みの指導だ!」「文字書きの指導だ!」

と勘違いされたりもしましたが、アレは文字に親しみながら発音や英語のリズムを身につけさせたいというのが狙いなので、今回の取り組みとは全然違います。

きちんとした英語の読み、書き指導はこれが始めて。

さてどうなるか、楽しみです。


↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

12:43  |  ワークブック  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

移転考え中

2010年01月15日(金)

FC2、このところ調子悪くて全然ダメです。

書いている途中でバンバン泊まっちゃうんですよ。

アマゾンの商品貼るとタイプもすっごく反応が遅いし。

ここ3日ほど、短い時間でUPしようとして書いてた記事が毎回消えてしまいました。PCとの相性でしょうか?

アメーバで試したら非常に使いやすくて感動。

アメーバに移転するかもしれません・・・

↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

19:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

1に継続、2に継続・・・

2010年01月07日(木)

語学を習得しようとする時、何より大切なのは

継続!!

である事は、誰に聞いても賛成いただけると思う。

継続。とにかく「習慣」と呼べるほど、継続すること。

旅行に行ったから、風邪を引いたから、忙しかったから・・・

とにかく、中断する理由は山ほどある。

しかし頑張る。

お家で続けるコツは、とにかく楽しく出来る方法を探す事だと強く思っている。

出来るだけ、「やりたい!」と言わせながらやる事。

もちろん、多少強制して?やる事が必要だったりもするけれど、基本は本人に「もっと知りたい!もっとやりたい!」と言わせるのが理想。


続けると一言で言っても、これがまた案外大変。

これを実現させるためのヒントの一つが、

「段階づけ」を決めてやるという方法。

1.最低限絶対にやること



2.まだ定着していないけれど、毎日した方が良いと思っていること



3.出来ればやりたいなと思っている事


この順番を基本に考える。


例えば、

1.英語教室の宿題

2.絵本読み

3.お家での英会話


というのは良いと思う。

1は必ずやる!せっかく英語教室などに通っているのなら、そこを軸に家庭での勉強をした方が効率が良いのは絶対に明らか。

週1日だけ通っているというような場合は、まずは何よりもお教室で求められるものを120%出来るようにサポートするのは基本の基本!

2は、余裕があったらぜひやった方が良いと思う事。寝る前の習慣にぜひ。

3は、ママやパパの英語力にもよるのですが、出来ればトライ!


ワークを見てあげるのは大好き!というママは、1をワークとしても良いし、絵本だけは絶対読める!という人は1を絵本にしても良い。


そしてもうひとつ。

万一、中断したとしても・・・

再開をためらわない事!

一度やめて、ドンドン語学力が下がるのを目の当たりにすると、もう一度始めるのを渋ってしまうものですが、長い人生のうちで2言語習得しようとするのなら、

誰にだってスランプはあるんです!

どうしても疲れてしまったり、ついつい・・と中断してしまっても、「ちょっとあの時はお休みした」って位に考えて、堂々と再開しちゃいましょう。

再開は1秒でも早い方が良いです。

例え1しか出来なくても、例え中断しても、後悔の前に再開してしまう事。

前向きに、前向きに。

明るく、楽しく。

継続しましょう!


↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

18:55  |  ママの語りかけ英語  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

改名しました!

2010年01月06日(水)

Aides ⇒ 葉織(はおり)

に改名しました!

Aidesという名前も多くの方にご愛顧(?笑)いただき、心苦しいのですが、年の始めと共に

思い切って改名します。

今後は 葉織 と名乗らせていただきます。

しばらくは「誰?(--」と、ご迷惑おかけすると思いますが、

何卒これからもよろしくお付き合い下さいませ!



↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

00:34  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

「英語脳の育て方」

2010年01月03日(日)

「知能も伸びる英語脳の育て方ー3歳で英検5級に合格できた!」

題名を見て、正直、

うわ~・・ (´ロ`')o

と引き気味で、手にとっていなかったのですが、

この前ふと本屋で手にとって見てみたらとっても参考になりましたので買ってみました。とても面白かったのでご紹介しますね。^^



まず最初に紹介されている「5つの誤解」の部分。

誤解1.英語ができるとは日常会話ができることである
誤解2.話せるようになるためには会話だけやればよい
    本を読んだり文法を学ぶと英語が話せなくなる
誤解3.英語を中高6年間も勉強したのに話せないのは日本の英語教育が間違っているからだ
誤解4.子どもは英語のCDやDVDをかけ流していれば放っておいてもすぐに覚えて使えるようになる
誤解5.ネイティブの先生につけば週1回1時間のグループ英会話でもペラペラになる

確かにこの5点を誤解されている方って相当多いと思います。mixiのコミュニティや実際のレッスン、また親のつながりで知り合った方などを見るとかなりの数の意見をうかがう事が出来ますが、その中でこの5点全ての誤解を「誤解」と認識している方はほんの一握りだと実感しています。

上手に解説されていますので、ぜひ読んでいただきたいなと思います。

ただ、これを買ったのはこのためだけではありません。むしろこれに続く実践部分がとても面白いのです。

まずはカードの使い方。とても面白いのですが、幼児にはドウカナァというのが正直なところ。この本は英語検定を意識しているので、そのためもあるのかも知れません。

どこまでも読む事を重視したらこうなるんだな、という一例としては非常に興味深くて、立ち読みではなくじっくり読みたいと思った個所です。

さらにその後の
・私たちの体
・生き物の一生
・水の不思議
・世界の国々
・数と計算

などのタイトルで書かれる具体的なレッスン方法はとても面白かったです。今年のインテンシブで取り上げたい内容と重なっていた事もあり、非常に興味深く読みました。

ただ、「基本動詞でフォニックス」という章では頻繁に使う動詞をまず覚えさせるという方法を提案しているのに、こちらでは難しい単語が出て来ているのが気になりました。

例えば、水の不思議の所では evaporation(蒸発)、condensation(凝結)、presipitation(降水)の3つが、レッスンで最も教えたいターゲットの単語のような扱いで、exercise ではここを(   )で抜いて書きこませるという、単語のスペリングと共に教えるという徹底ぶりです。

日本語で考えると、「蒸発」という単語は比較的口にする事があると思えても、「凝結」や「降水」という単語は本当に使いません。日本語で水の循環を教えるとしても、幼稚園児には使わない言葉かなと思います。

専門用語を導入する前に、ものを考える概念を教えて、それを流暢に表現する能力をつけてあげたいので、年長さん位の子を対象としたインテンシブクラスでは取り入れられないなぁと思います。

また、水の循環にしても、先に日本語で知識をつけてあげて下さいという指示もあり、「英語で学ぶ」という点には特化していないのが個人的には残念でした。既に知っている事を英語で学びなおし、難しい単語と共に語彙を強化していくのは、もう少し後で十分ではないかと思います。

基本動詞でフォニックスの所も、色々と矛盾を発見して、書きたい事はあるのですが、長くなるので今日はこの辺で。

でも、全体としてとても良い構想を持っていらっしゃるし、例えば体の仕組みを教える時に人体の器官(つまり内臓とか)まで教えるという発想など、本当に面白いんですよ。

ゲームなどをする時、「システムに文句を付け始めたら、ハマった証拠」というらしいです。好きだからこそ、文句が出る。ということらしいです。

私もこの本であーだこーだ言うのがとても楽しかったです。ハマった証拠ですね~

読んだ方がどう思われたか、また、実際にやってみてどうだったか等あればぜひお聞かせ下さいね。

↓2010年クリック応援始め、よろしくお願いします!^^*

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

22:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

子持ち講師

2010年01月03日(日)

まだ幼い子供を抱えた身で講師をしようと思うと、色々と大変な事が多い。

熱が出た時に子どもを預ける場を確保しなければ定期的なレッスンなど出来ないし、そもそも育児で疲れている自分の体に鞭打って一斉レッスンをするのは、体力的に結構辛い。

家ではゆっくりPCに向かったり本を開いて勉強したりする時間の確保が非常に難しいので、手をかけたきちんとしたレッスンをしたいと思うなら、よほど経験が豊富でなければ、週にさほど多くのレッスンは出来ない。

こう上げていけば、とにかく「やりにくい」、「大変な」事が多い。

しかし、子どもがいる講師ならではの素晴らしさも、確かにある!

まず通う母親としては、まだ幼いわが子を連れてレッスンに行くのなら、その講師には幼児の育児に関する経験があるに越した事はない、という事がひとつ。

同じように子育てに苦労している親同士、分かりあえる部分は少なくない。

でも、講師として何よりも大きな利点は、育児を通して子どもの母語習得過程を見ていける事だと思う。

しかも、健康面、情緒面、身体機能、発声器官の発達などと共に、総合的に観察していく事が出来る。

これが研究だったら、24時間体制で数年以上に渡って観察するのであるから、とてつもない労力となってしまうが、なにせ可愛い可愛いわが子である。

止めろと言われても、難しい(^▽^*

そのお陰で、例えば

1歳半

と聞けば、

「ああ、うちの子がヨタヨタ歩いてた頃だ。早い子は随分しっかり歩いてたな。言葉は早い子だと1~2語位話し始める頃だけど、発音はまだかなり幼い。発話する語彙数に関しては個人差が大きいけれど、大抵の母語の指示は理解出来るようになる頃。好奇心が強く出る時期で、落ち着きなく動き回るようになる子も出てくる時期かな・・」

なんて、自分の子の成長の記憶と共に、子どもの同年代のお友達や生徒さんたちの記憶が蘇ってくる。

もちろん幼児の発達の本なども色々読んだが、専門知識は実体験と共に実感して初めて身に付くものだと思う。

わが子を見ていると、「この子には次、こういう内容を教えたら伸びるのではないか」「こういう方法で教えると良いのではないか」というアイデアがわいてくる。

それをレッスンの生徒さんの顔を思い浮かべ、随時修正しながら最適なレッスン方法を探し当てながらしていく。

笑い、泣き、心を込めて育児してきた大切な思い出ばかりだから、記憶に残すのが非常に容易になるので、専門知識が日々自分の血肉となるように身について来る。

しかも同時にレッスンとして実践、反省出来るのだから、ある意味理想的であるとも考えられる。

そしてこの方法が、独身時代にしていた「指定テキスト」による指導とは一線を画す事は言うまでもない!

だから今、SUNNY BUNNYで教えさせていただいているのは、1~5歳までのお子さんである。この年齢幅は、教え始めた時の娘の年齢~今の娘の年齢 を基準に作られている。

家庭での言語教育は、今後の英語教育においてキーワードになってくると思っている。他の先進国で当たり前のように行われているように、日本でも幼児の頃から2つ以上の言語を話すようになる日はそう遠くない。

その研究には、専門知識と自らの子育て経験を持ち合わせる日本人講師はきっと貢献していくものと考えている。


↓2010年クリック応援始め、よろしくお願いします!^^*

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

12:26  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

幼児インテンシブクラス開講♪

2010年01月02日(土)

2010年4月より、インテンシブクラスの開講が決定しました

☆新規生徒様募集中です!ぜひ2月1日の体験レッスンにお越し下さいませ☆

対象は4~7歳位で、レッスン中、英語のみで過ごせる事が条件です。

英語教育に取り組んで来て、既に基礎会話力はあるが、ここからどう継続していくか悩んでいるというお子様にピッタリのクラスです。

内容は、

単語の読み・書き
算数の基礎

の練習の他、

天体、植物、人間の体、動物の分類

など、知的好奇心を刺激するような内容を、幼児にも分かりやすく、楽しいレッスンとして噛み砕いて提供します。

レッスンでは体を動かしたり、歌ったり、クラフトをしたりと、「また来たい♪」と言ってもらえる雰囲気を何より大切にしています。^^

子どもにとっては、「楽しくてまた行きたい場所」。でも、やっている内容は、将来役に立つ知識と頭の運動の基礎トレーニング!というような、楽しく、かつきちんと教育要素を含んだレッスン展開を予定しています。

レッスンはメイン講師とアシスタントの2名制。

言語教育学を専門的に学んだ専修教員免許者と、海外育ちでアメリカで物理を研究して来た英語話者の先生です。

区民館を借りての「英語サークル」活動ですが、内容は専門的な知識と経験を元にしっかりと構成された質の高いレッスンです。

レッスンは全て英語で行いますので、基礎英語力は必須です。ただし、知識面や文字認識については全く学習経験が無くても大丈夫です^^(参加資格については、お気軽にお問い合わせくださいませ)

現在、帰国子女のお子様と講師のバイリンガルの子どもの2名が受講予定です。

お子様に、

単なる「おしゃべり」する英語ではなく、将来は教養となる英語力をつけさせてあげたい方、

「英語で考え、英語で学習する」という事を習慣化していきたいと思っていらっしゃる方、

普通の英会話学校の一斉授業ではレベルが合わずに困っているという方、

完全な英語環境をお子様に与えてあげたい・・という方、

ぜひ一度体験レッスンにお越し下さいませ。


<体験レッスン(45分)>・~・~・~・~・~・~・~・~・
2月1日(月)2:30~3:15

体験レッスン料:1000円

場所:文京区区民館(茗荷谷駅、新大塚駅より徒歩圏内。詳しくはお問い合わせ下さい)

☆レッスン後にレッスン内容とお子様の受講態度についてご報告させていただきます。


お申込み・お問い合わせ⇒ sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp

・~・~・~・~・~・~・~・~・・~・~・~・~・~・~・~・~・


<インテンシブクラス概要>

レッスン: オールイングリッシュ45分レッスン

講師: 2名

定員: 6名

月謝: 10,000円

日時: 毎週月曜日 午後 
 
場所: 文京区区民館

お申込み・お問い合わせ⇒ sunnybunnyinfo@yahoo.co.jp


*別途、入会金と年会費がかかります。
*詳しい場所と時間についてはお問い合わせくださいませ。
*レッスン中の保護者様の入室はお断りしております。
*英語講師の方の見学は歓迎しております。お申込みの際にその旨をお伝え下さいませ。


↓2010年クリック応援始め、よろしくお願いします!^^*

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

00:05  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

赤ちゃんとのインタラクションは可能か

2010年01月01日(金)

自分の娘や幼児を見て来て心から思うのは、彼らは一般的なイメージよりも、ずっと知能が高いという事。

感情の推移などをよく見ていると、表現方法が拙いだけで、感情が刺激される状況は大人とほぼ変わらない。

理解度についても同様である。

語彙が極端に少ない、文字の識別が(まだ)出来ない、口や舌が未発達なため、発音が未熟である、等の理由から、あたかも理解度自体が低いと考えられがちだが、はたしてそうだろうか?

彼らの知識レベルと学習歴を考慮したレッスンを展開すれば、驚くほどきちんと反応してくれる事に驚かずにはいられない。幼児は既に人間であり、この意味において彼らは成人となんら遜色無い。

私は、幼児に一方的に「音を聞かせる」というような手法がやはり嫌いだ。

幼児の学習歴の少なさを逆手に取って、大人が労力を惜しんだ結果というイメージが抜けないからだ。

個人的な見解を抜けないかもしれないが、私だったら親にCDを聞けと言われて座っているのは嫌だ。また、興味もない外国人の意味不明の語りかけに耐えるのも絶対に嫌だ。

人は生まれおちた瞬間から、対等に扱われてしかるべきではないだろうか。

表現が未熟だとしても、感情を表す権利は彼らにもあるのだ。

自分が好きな事、嫌な事をしっかりと彼らなりの方法で表現して来た時、それを無視していいものか。否、私たちはしっかりと彼らの表現に対応していかなければならないと思う。これは人と人がコミュニケーションを取る際の最低限のルールだ。

相手が興味のあるものを探り、それを提供する。相手が感情を表に出した時、それに対応してこちらも共感する。

乳幼児の言葉は美しいと私は思う。非常に難解な言語だが、とても美しい。

かたい頭を捨てて、しっかりと目線を合わせさえすれば、0歳児ですらきちんと言語を話しているのが分かる。

彼らはコミュニケーションに飢えている、とも思う。

動けない、話せない、分からない。

そんな状態でも、人から認められたいと感じるのは人の本能ではないか?

乳幼児との英語レッスンで

インタラクティブ(=会話を成り立たせて、相互の意思の疎通をすること)

なんて言うと、鼻で笑われる事は多々ある。

でも、世の母親全てに聞きたい。

赤ちゃんと相互の会話をする事って、不可能ですか?

我が子を愛して、手をかけている母親なら、きっと「もちろん可能ですよ!」と言ってくれる事と思う。

母親は、赤ちゃんの目つきで、泣き声で、体の動きで、口の開け方で、「お腹が空いた」というメッセージを伝える。

母親は、赤ちゃんを抱いて、優しく囁いて、背中をなでて、「安心して大丈夫だ」というメッセージを伝える。

赤ちゃんとの意思疎通は可能だ。インタラクションだってもちろん可能だ。

これを軽視して、何が言語教育だろうか?

この意思疎通の部分を重視して言語教育を考える時、まさに我が子にもさせたいし、自分の一番大切な人にも教えてあげたい、実践してほしいという、温かい気持ちに後押しされた言語教育に対する情熱が湧きあがるのを感じる。


一年の初めに、書きたいように書いてみよう・・なんて思って、これまでのSUNNY BUNNYを思い出して、思いつくままに書いてみたらこんな内容になりました。

拙い未熟な私ですが、これからも心をこめて、考える事を怠らずに仕事したいなと思っています。


本年も何卒、よろしくお願い申し上げます。


↓2010年クリック応援始め、よろしくお願いします!^^*

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

17:37  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。