2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

優秀な子ども

2011年01月31日(月)

↓親子英語・子ども英語なら文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


私は、世の中には優秀な大人とそうでない大人がいるけれど、子どもにはそれがない、と思っています。

子どもは必要な物を全て備えて産まれて来ているので、基本的な能力は大人と同じようにあり、かつ、まだ悪い癖がついていません。

それでもどうしても差が出て来るのは、ハンディキャップの問題位。でもこれは身体的な特徴ですので、その子に適した形での成長は当然あります。個性は個性。優秀であることに変わりはないと思います。

子どもを見ていると、本当に大人の縮小版だな、と思います。

笑い、悲しみ、嫉妬、怒り、喜び、安心、恐怖。感情がゆさぶられるのも、全て大人と同じ。子どもはもっと素直なだけで、基本的な相違はありません。

だからまず、子どもの教育をするときは敬意が必要だと思います。

ひとりの人間として、まず対等な立場で尊敬すること。

自分よりも優秀である可能性は非常に高いし、寿命を考えたら、生命体としては大人よりも普通長く生きられるのでより優れていてパワーがあります。

子どもを育てる時は、自分が受けた教育よりもより良いものを与えなければなりません。

同じ事のくり返しではなく、過去を敬いながらも、常に今現在で最善のことをしていく。これが未来につなげる大人の役割だと思います。

教育に成果が出ないのなら、ほとんどの場合(100%と言いたい気持ちをこらえる)教えている大人が優秀でないのです。

だから教育に関わる大人は常に勉強して、常に疑問を持って、常に挑戦しながら、子どもと向き合う必要があるのだと思います。

こう考えると、もう大人になってしまってどうしようもない悪い癖がついてしまった人も、今からやりたくても年齢的にどうしても難しいと感じる事も、子どもには同じ想いをさせずに済む可能性があるんですね。すごく夢がありますね。

何かを押し付けるのではなく、より広くより自由な人生を、優秀な子どもたちに送らせてあげたいですね。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の活力となります^^!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

フォニックス動画を評価してみる

2011年01月30日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール
ふと見たYou Tube 動画。

私が自分なりにですが、音声学の知識を持ってチェックするポイントをご紹介してみます。



まず A の発音がゆるい。イギリスっぽい。間違ってはないけれど、U との差が分かり難いので日本人の子どもに教えるには微妙。

C は、母音を付けずに言えば良いものを、わざわざつけている。Kの方では出来ているんだからちゃんとやってほしい。Kは良く言えてる。

HとかLだけ 母音をァにしちゃっているのが嫌。Hなんかはhu, hu, hat って言ってないか?

I(アイ*エルと間違えると行けないので仮名を書きました) は非常に良い。やる気のないネイティブだから(?)むしろ自然になっている感じがすごく良い。これは気張ってしまうとネイティブでも間違えて読む人が多い。

MとN 言えてない。

SはギリOK。

V、W、良し。

X言えてる。

Y、Z良い。後半上手くなった?

全体的に音声学を知らないネイティブの人が歌ったらこんな感じという出来映え。悪くはない。

歌自体は上手いと思うし、耳障りではない。でも、しっかり覚えさせたいのなら真似しにくい教材かと思う。

もうちょっと、C、K、H、S、Tなんかを母音をなくす(つまり「ク」ではなくて、音が声として出ない「クッ」みたく発音してほしい)ようにしないとマズい。

あと、母音をどうしても付けるのなら統一するか、いっそ全く統一しないか、きちんとしてほしい。全体的にゥの音が多いのに、統一されていないからなんだか覚え難い。


比べてみるなら、こっちの方がずっと良い。



C, F, K, R とか、子音が全然良い!

完璧ではないけど。


と、ちょっと分かり難かったらすみません。慣れて来ると、一発でどこを聞けば良いか分かるようになるので、フォニックスは教え方さえ分かっている人なら教材の善し悪しはハッキリ分かります。

フォニックスも教える方針や理論によって違うので、私の判断が絶対ではないですが、フォニックスの理論の根本が分かっていれば絶対に押さえるポイントというものがあります。

とりあえず「つけなくていい母音をつけない」のはすごく重要だと思います。

*あくまでいち講師の個人的な意見です。参考までに。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の活力となります^^!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  動画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

児童英語教材オックスフォード出版のORT

2011年01月29日(土)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


今日は教材の話をします。

その前に、幼児に英語を教えたいのなら、まず「教室に通う事」を何よりお勧めする事をお伝えしないとなりません。

幼児期は5感が発達する、人間の教育で最も大切な時期ですので、教材という本やDVDやCD+親 では、申し訳ないけれど、どうしても不十分という感があります。

専門家である英語講師に習うのが最も効果的な近道だと確信しています。


さて、これをお伝えした上で、今日は教材の話。ご家庭での取り組みを考えるのなら、もちろん教材はあるに越した事はありません。

絵本を月に1~3冊目安で買って行く方法が一番お勧めですが、やはりパックで買って取り組みたいという方も多いのではないでしょうか。

これまで0~6歳位のお子様達を教えさせていただいて来て、色々な教材に触れて来ました。

価格
内容
効果

を考えて、幼児期のお子様に私がお勧めするのは何だろう??と。

そう考えた結果、あくまで個人的な意見ですが、

ORT かな

と。

ORTというのは、オックスフォードが出版している Oxford Reading Tree という絵本のシリーズです。





絵があまり魅力的でないと感じる方もおられるだろうし、CDも単調でつまらないと感じる方もおられるかも知れません。


私の英語教材の善し悪しの基準を紹介します。


☆段階付けが正しく行われているか

☆ナチュラルな表現か

☆子ども向けの物語として内容が適切か

☆レッスン教材として、広げて行きやすいか

☆CDがあるのなら、英語の質は高いか

☆補助教材に適切なものがあるか

☆価格は適正か


等です。


上記の事項において、ORTはほぼ全部クリアです。


欲を言えば、もっとこうしてほしい、とかはありますが、それは教える人間が好きなように補助を作成してアレンジすれば良いだけのこと。


日本の英語教育で取り上げられるのがアメリカ英語、こちらはイギリス英語なので減点。でも、それを差し引いても、やっぱり全般的に見て非の打ちにくさで言えば、これかな、、、なんて思います。


教材費は出来るだけ押さえて、人の力でコミュニケーション能力を伸ばしたいと思っているし、教材販売促進をするつもりはないので、あまり普段言わないのですが、まあ、ORTはよく出来ていると思います。

まとまった時間があったら、これを教科書にしたレッスンカリキュラムを書きたいな・・・なんて思わせてくれる、いまのところ唯一の教材シリーズかも知れません。

他教材との比較で書いた方が分かりやすいかも知れませんが、基本的に非常に辛口に聞こえるようですので今日はお勧めのみで。。。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の活力となります。よろしくお願い致します!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

体調で英語力が左右される

2011年01月29日(土)

↓親子英語・子ども英語なら文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

最近、空手の朝稽古に娘と一緒に参加して来ました。

朝5時に起きて朝食、6時過ぎに家を出ます。これがきつい、寒い、夕方になるとまた眠い、眠い。

娘は明らかに体調が良くなってイキイキして来ますが、私の方は夕方までは変わりませんが、8時位になると眠い、眠い!!!

英会話を日常的にしていると、明らかに日によって英語力が上下しているのが分かります。

特にこういう日本文化どっぷりの中で体力を大幅に取られると、自分の話す英語がなんだか遅い・・・

逆に、英語圏のドラマにハマったり、久しぶりに英語圏の友人と話をしたり、それこそ旅行に行った後などは、日本語にするのが面倒なほど、英語表現がパッと出て来ます。

常にどちらも日常に組み込める環境があれば、体調にもさほど左右されずにバランスが取りやすいのでしょうか。

今度引っ越しをするので、新居に移ると同時に毎日の生活や環境も考え直したいと思っています。


下の二つのボタンを押していただけるとブログ更新の元気が出ます!^^)ノ
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

01:17  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

こどもの英語発音を上手くする「真似」

2011年01月28日(金)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


子どもの発音を上手くする、とっておきの方法を伝授しましょう。

それはズバリ・・・(表現古い?

真似っこ

これに限ります。

人真似が上手い子は発音が上手い」って、ご存知でしたか??

これ、音声学の教授達も真顔で言う程、実は大切な能力なんですよ。言語教育科でお会いした教授連からよく聞いたので、本当の話です。

時々、外国の方でも驚く程日本語が上手い人っていますよね。日本人でも、海外生活がさほどないのに、妙に流暢に英語を話す人もいます。

こういう人って、大抵真似っこが得意です。

英語だけでなく、もちろん日本語でも。相手の動き方を観察して、コピーする。これは、日本ではあまり好ましくないとされたりしますが、コミュニケーション方法の習得過程としては非常に重要な能力です

日本語でも、人の真似が上手い人は、微妙に違う発音差とか、音の高低の使い方とかを上手くコピーして再現出来ているということなんです。

だから英語のDVDを観る時など、よく「シャドーイング(後について言う事)」とか、「リピート」とかをすると良いと言われますが、さらにその上を行く「真似っこ」だと、もっと良いんですよ。

それこそ表情や動作まで真似すると何より良いです。ジェスチャーというのは、教育課程においてひとつの学習項目にもなるんです。

実際の動きも合わせて言うことで、よりナチュラルな表現が身に付きます。

昔からの友人は、私の得意なもののイメージは「似顔絵が上手い」か、「人の真似が上手い」か、どちらかだと思います。はい、むかしからよく俳優さんや身近な友人の真似ばっかりしていました。

この延長でイギリス発音やインド訛の英語、オーストラリアのスラング英語からイタリア人の話す英語等々、やはり真似が得意で、真似出来るということは、自分の口で発音方法を確認出来るので、発音の研究家としては自分の強みとなりました。

子どもは真似っこが大好きですね。DVD観ながらぜひ、真似っこ遊びをしてみて下さい。上手なお子さんはそこからロールプレイ(劇みたく楽しむ)にも発展出来ます。

ちょっとでも真似したら「上手!そっくり!」と褒めてあげることから始めましょう!


下の二つのボタンをクリックしていただけると、ランキングが上がってすごく助かります。よろしくお願い致します!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

教材なしで単語練習

2011年01月27日(木)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


寒い日は南国が恋しくなりますね~・・・。皆様、温かく過ごされていますか?

今日は教材がいらない単語練習の方法をご紹介します。

まず、SUNNY BUNNYでは家庭での英語学習は親も子どもも英語だけを使うというルールを徹底しております。

でも簡単ですよ。慣れればすぐ出来ます。今日からでも始めて下さいね。

さて、英単語を覚えさせたいと思う方々。

まず教材はどんなものを思い浮かべますか?カード?ワーク?

あればそれを使っても良いのですが、その子に合った単語をちょこっとした時に教えるには、手書きが一番です(ーvー)b

<手順は以下の通り。>

1、その辺にあった紙でもノートでも良いので、縦に1~10の番号を書きます。

2、「この単語覚えさせたいな~」と思う単語を10個選んで、1~10の番号の横に書きます。

3、 1~10の単語を見せて、指でどの単語を言っているのか指し示しながら一通り読み上げて聞かせます。

4、What's this? と聞きます。

5、It's ".........." . と答えさせます。


これを、難しい所は何度も繰り返したりしながら定着させます。

終わったら、

1、番号の部分を除いて、単語部分のみをはさみでそれぞれ切り取ります。

2、順番通りにカードを見せて読み上げさせます。

3、順不同にして、何度か言わせます。

はい、終わり。


これだけの事で、その辺に紙があれば何でも何時でも出来ます。うちではよくやっています。

コツは、出来るだけ綺麗な字で書いてあげること。あと、英語のみでやりとりすること。

それだけ。

簡単です。

でも、こういう3分とか10分の取り組みが、ことばの教育には絶大な威力を発揮したりします。

あまり肩に力を入れず、続けて行きましょう^^


↓教材紹介中心のブログではないので、クリックしていただけることが何よりの励みです^^
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

小学校入学

2011年01月26日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


うちの娘も、とうとう今年で小学校入学です。

新しい学校、新しい教科。そして入学準備品。

親としては、色々と緊張しますね!!不安もいっぱいです。

でも、とっても楽しみなのが、娘の教科書を見る事です!!

小学校の教科書って、とても楽しいですね。全教科、くまなく読むのが本当に楽しみです。

小学生の教科は、「簡単なもの」「子ども向け」のイメージがある方も多いかと思いますが、実はこの先、中学生、高校生、、、そして大人になってからもずっと必要となる、最も基礎の部分の学習なんです。

基礎を元に学びは広がりますので、最も大切な学習とも言えます。

教科書はどんどん薄くなり、どんどんカラフルになり、非常に寂しい限りですが、良い参考書もたくさん出ていますので、教科書に沿った参考書や適切な辞書等を揃え、親も一緒に学びを広げてあげるととても良いと思います。

以前担当していた小学4年生の生徒さんで、何をしてもトップの成績で、とってもとってもよく出来る子がいたのですが、その子に話を聞くと、小学校の教科を家庭でもめいいっぱい楽しんで取り組んで来たという話を聞きました。

印象的だったのは、方位の話になった時、「Nは北、Sは南だよね。うちにも方位磁石があって、この前お散歩の時お母さんと一緒にどっちの方向かなってずっと見てたの!楽しかった!!」と言っていました。

ノートに 「 N=北 S=南 」と書き込んで、ハイ、覚えなさい。と言われる生徒さんと、お母さんと一緒にお散歩しながら、「あ!この公園の入り口は南だったんだねー!」とか言いながら楽しく学んだ生徒さんでは、理解の質が違うのは当然です。

こういう方法は手間ひまかかりますが、子どもの好奇心や「楽しい!」という想いを大切にした学習は一生の宝になります。

親としては、ざっと目を通して学習内容を理解しておいて、良い機会があればその時その時に良い学びとなるきっかけを与えて行ってあげたいな、と思っています。

教室でも、どこまでこういう取り組みが出来るか分かりませんが、出来るだけ子どもの感性を大切にした、知識と実体験をつなげるようなレッスンをして行きたいです。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:01  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

教えられたようには教えるな

2011年01月25日(火)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

名著をご紹介します。

「これからの英語教師」若林俊輔先生著



こーーーれが、すっごい良い本です。私の英語教育理論の全てがここにあると言っても過言では無い程です。

恩師の本ですが、この本を読んで衝撃を受けて、先生の弟子になりましたという方をたくさん見ました。それくらい良い本です。

その中のひとつに、「教えられたようには教えるな」という言葉があります。

誰しも親になると、ふとした時に自分の母親や父親と同じ台詞、同じ行動を、自分の子どもにしていたりしませんか?

教師も同じで、教壇に立つと、以前自分が受けた事のある先生のレッスンと同じような事をしてしまうものです。

自分がそれを好きだったか、好きでなかったか以前に、「こうするものだ」という固定観念が植え付けられているんですね。

これは「常識」という観念のひとつで、かなり根深いものと言えます。

だから人は、「私はこう育てられたから」とか、「私はこう教えられたから」とかいう思い込みの上で行動してしまいます。

先生が それは止めろ と本で仰るのは、その固定観念が必ずしも目の前の子どもにとって良いとは限らないからなんです。

教育は、教える相手をよく観察し、自分の知識を総動員し、新たな考えを受け入れ、模索しながらするべきものです。

だから固定観念からの脱却を常に意識して、それが「自分が教わったやり方かどうか」ではなくて、あくまで「目の前の子どもにとって最善かどうか」を基準にして教育をしなければならないのです。

当然のようで、非常に難しい。

でも、決して不可能ではありません。

言い方を変えれば、過去に捕われる事なく、過去を活かして、より良い教育をしようと思えば良いのです。

自由に方法を模索して、よく子どもを見て、自分が今この瞬間に最善と思う事をすれば良い。

教育は必ず結果が伴います。

だから、力は注いで注ぎ過ぎという事はないと思います。非常にやりがいのある、この上なく楽しい仕事です。

子どもの教育に携わる事が出来ている方々。めっちゃラッキーですよ。

楽しくやりましょう!


クリック応援に元気をいただいています!1クリックがかなり大きな影響を与えてくれます^^↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語 - ジャンル : 学校・教育

10:43  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

行動が変われば、習慣が変わる

2011年01月24日(月)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

友人が、素晴らしい名言を教えてくれました。

行動が変われば、習慣が変わる。

習慣が変われば、人格が変わる。

人格が変われば、運命が変わる。


おおお

素晴らしい!

これ、本当に良い言葉だなと思います。

ヒンズー教の教えの言葉だそうで、実際はもっと長いものも有名で、

心が変われば、態度が変わる。態度が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わる。習慣が変われば、人格が変わる。人格が変われば、運命が変わる。運命が変われば、人生が変わる。

という言葉です。

言葉を教える職についているので、良い言葉というものは大切にしたいと思っているのですが、最近ではこれが一番心に響きました。

長い方より短い3行の方が私にはしっくり来ます。「人生を変えたいのなら、まずは心から」と言われても、うーん、、、難しいなあ、なんて思ってしまいますが、「まず行動をしてみれば、習慣が変わって来る」と思うと、「よし、やってみるか」なんて思えます。

教室では英語学習の「習慣付け」を繰り返しお願いしています。これこそが、バイリンガルになる唯一の道だと確信しているからです。

どういう習慣を付ければ、生涯を通して英語と日本語という2言語を日常習慣として組み込めるか、というテーマは非常に大切です。

ご家庭で親子英語に取り組んでいらっしゃる方。

まずはお子さんに絵本を読んであげて下さい。この「行動」を今日起こす事によって、習慣になっていくきっかけがつかめます。

テスト勉強に打ち込んでいる方。

まずは覚えたい英単語やフレーズをコピーしてトイレの壁に貼ってみて下さい。

英会話の勉強をされている方。

辞書(出来れば電子辞書がお勧め)を本に入れて持ち歩いてみて下さい。ふと疑問に思った単語をその場その場で調べる事で、実践的な英語力がついて来ます。

皆さんにお勧めなのは、

英語の本は必ず鞄に一冊入れて持ち歩くこと。電車の中、ちょっとした待ち時間、その5分、10分が大きな成果となって来ると思います。

行動を起こして、習慣を変えましょう。

習慣が変われば、運命が変わるそうです。

日本語しか話せない「1言語話者」から、2言語が話せる「バイリンガル」へ。

運命が変わるというのは、本当の話だと思います。


下のボタン二つをクリックしていただけると、ランキング投票になって非常~に助かります。
よろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

海外ドラマシリーズの勧め2

2011年01月23日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

英語上達にもうってつけ!趣味だか学習だか、訳分からない状態で続けるのが英語話者になる/英語話者として英語力を維持する のには一番だと思います。

そのひとつの手段が海外のドラマシリーズ!

面白くってなんとなく英語が学べる。これは良いですよ。

さて、お勧めというか、私が観て来たドラマ紹介の続きです。ぜひ観て下さいね。会った時にこの話をすると熱く語り出します。


HEROES



眼鏡の日本人が「やったー!」ってやって有名になったやつですね。ほとんど日本語が話せていない人ばかりが日本人役としてたくさん出て来るのでそれも楽しいです。(英語と関係ないですが)

そしてクレアがとにかく可愛くて楽しいです。空を飛ぶとか、不死身とか、相手の考えが分かるとか、超能力者三昧と聞いて「面白そう」と思うなら間違い無いです。

英語は結構早いので難しめだと思いますが、ナチュラルなアメリカ英語を聞くという意味では良いと思います。(あとアンナチュラルな日本語もたくさん聞けます)

シーズン進むごとにちょっと、いや、かなり、話に無理が出て来て、ああ、ストーリー厳しいなあと思うのですが、それもドラマの見所という事で楽しみましょう。


Prison Break


プリズンブレイクですね。脱獄の話。すっごく頭の良い弟君が、兄を救うために計画を練って実行するぞ!という話です。

このシリーズで違う意味でもブレイクした(人気が出た)俳優さんがかなり多くて、このドラマ観て親近感を持っておくと、他のドラマでも起用されてたり(例えば上述のHEROESでも!)、映画でも起用されてたり(バイオハザードではHEROESのキャラと一緒にプリズンブレイクのキャラがプリズンブレイクでかなりウケます。)して、どれを観てもこのプリズン内のイメージが抜けなくて、なんとも楽しさ倍増です。ぜひ。


WEEDS




かなりダークなジョークも多い、風刺的なドラマです。麻薬売買をこっそり始めた主婦と、その周りの人たち。酷い子育て、犯罪、嘘、、、そういう話を、とにかく面白おかしくドラマに仕立てています。

アメリカって本当に思い切りが良いなあと、最初かなりビックリ、引きながら観ていましたが、本当に面白いです。

英語は比較的聞き取りやすいのですが、スラングが多いです。スラング混じり(だらけ?)のダークなアメリカンジョーク入門としてはかなり良いドラマです。シーズンを追うごとに面白くて、笑いながら観てます。


英語が分かると、英語の台詞で覚えるのですっごく楽しいですよ。分からなくても、なんか良いな!と思う台詞はぜひしつこく再生して聞くなり、先生などに確認するなどして、練習して言えるようになりましょうね。

シーズンものは3くらいまで字幕、その後は英語字幕にチャレンジしてみても良いと思います。2まで英語を聞きながら日本語訳を観ているので、今まで英語字幕では全然分からなかったという方も、案外分かりやすいと思います。


応援クリックがブログを書く元気の源です!下のボタンを押して行って下さいませ~~
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
10:06  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

海外ドラマシリーズの勧め1

2011年01月22日(土)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

海外のドラマが大好きで、観始めると止まらない!!という状態によくなります。

内容が面白いので観ているだけなのですが、これで英語力を養って来たのは言うまでもありません。

吹き替えで観てしまう方もいますが、ぜひぜひぜひぜひ、英語のものは英語で観ましょうね。

声優さんには申し訳ないのですが、やはり吹き替えにすると質がドーンと落ちざるを得ません。
だって、その俳優さんがドラマに起用されたのは、声がピッタリで、言い方も全て役にピッタリだからなんですから。それを翻訳家が日本語に直し、それをまた声優さんが読み上げるなんて、もったいないにも程がある!!のです。

英語で観ましょう。英語力を上げたい方なら当然、英語で観ましょう。

さて、これまでに観たドラマ、いくつか紹介します。

LOST




ロスト。これはお勧めですよー。最初すっごく不気味でつまらないと思ったのですが(笑)、見続けるとむちゃくちゃ楽しい。シリーズ完結しているのですが、ラストは号泣でした。。。

お勧めする理由のひとつが、英語が聞き取りやすいという事です。何カ国かの人がメインキャストで出ているのですが、キャラを明確にするために、わざと訛を強調して台詞を言うんです。

お決まり文句もキャラごとにあるし、同じフレーズを繰り返す事が非常~~に多いドラマなので、嫌でも覚えてしまうはず。

最初の不気味さに耐えて(?)、ぜひ観てみて下さい。


24




専門用語が多いので、英語の勉強としては難しいと思います。が、いやー、やっぱり24は面白い。アクションが嫌でなければ、まずハマる事間違い無しの王道ですよね。

私は大作アクション映画は基本的に全て観る!という、アクション映画ファンなのですが、テレビなのにちゃんと見応えありました。映画のように楽しいのに、たっくさん観られる。これはハマります。

「ドラマシリーズって観た事ない~」という方。最初の3つだけで良いので騙されたと思って観てみて下さい。ドラマ初心者にかなりお勧めです。


KYLE XY



これちょっとマイナーですが結構好きで一時期一人で夢中になって観てました。私は SF 大作は基本的に全て観るのですが、SF とか好きならこれは絶対楽しいと思います。

超能力とか謎の科学施設とかって、それだけで楽しいですよねー。(そういう人、いるはず。)


長くなって来たので続く、、、。


応援クリックのお陰で書いております!下のボタンをポチポチしていただけるとランキングと覇織のテンションが上がります!よろしくお願いします。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
10:20  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

親子英語ブログの何がいけない??

2011年01月21日(金)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


私は講師をしているので、少し立場が違うのですが、言語教育者としては素人のママさんたちが試行錯誤する様をアップしているブログについて今日は書きます。

最近、こういうブログを批判する声が高まり、書いているママさん達が「何が悪いのよ!」と言いたくなるような記事が増えていると聞きました。

まず最初に言いたいのは、

「負け犬に石を投げる奴はいない」ということ。

つまり、取るに足らない相手であれば、批判者も出ない。

専門家や、専門家と称する人たちが批判するのであれば、批判する記事を書くだけの価値がまずあるということ。これはすごい事ですよ。

それだけ興味を持って読むファン読者がいるからこそ、批判者も出て来るんですね。

ブログというのは、皆が好きに自分の書きたい事を書いて発信するものです。

だから、原則として書くのは自由、公開も自由です。不快なら開かなければ良い。


最初はこういう私も、正直、素人さんが自分の子ども一人に対して行って来た英語教育を、あたかも「これが成功への王道」と言わんばかりに書いてすごいヒットを上げているのを見て、「なんだこりゃ?!これはマズい!!」と思ったものです。

でも、よくよく見ていると、素人さん同士のネットワークもまた、とても大切なんだなと思うようになって来ました。

お互いが刺激し合って、参考にしたり、励まし合ったりしながらやる。家庭内で黙々とやる事を想像すれば、きっとこれは大きな支えになるのだろうと思います。

私も、そういう英語が苦手なママさんの試行錯誤日記を見て、かなり勉強させていただきました。

そうか、この教材を使うとこんな風に使えるのか、とか、逆に、この教材は多分こういう子には効果薄いな、、とか、この絵本、うちの子も好きそうだな、とか。

要は使い方なのだと思います。

ひとつだけ、注意を言えば、全て信じて英語教育法を1本に絞るのなら、絶対に素人さんの子育てブログは選ばない事

教室に通っているのなら、その先生に相談しながら、先生の方針をきちんと守りましょう。

ブログという媒体で英語教育の方針を決めたいのなら、やはり専門家のブログを選ぶ事に限ります。最低でも数年以上の教育経験があって、何人もの生徒さんを見て来た方を選ぶ事。

専門知識があって、かつ、自分にとって読みやすいブログがあれば、それは良いと思います。


親子英語ブログは、お気に入りに入れて、一緒に頑張るのなら全然OK。大半は、あくまで「私の取り組みとうちの子の成長」というスタンスで、楽しくアップされているものばかり。これは、専門家には出来ない気軽さと、明るい楽しさがあってとても魅力的ですよね

あくまで「お友達」と思うと良いと思います。「先生」にはなり得ないという事だけ、頭の片隅にあれば大丈夫。

あとはお友達の子どもを見てどう思うかという心理。自分の子と比べて焦ったり、自分が持っていない物を持っているから悔しいと思ったりとかは、一般的に考えてもよくないですね。これは英語だけに限らない事なので、あえて長く書きませんね。


今後、親子英語ブログはきっと増えて来ると思います。親子英語をする人口自体が上昇傾向にあって、しかもブログを書く人口も上昇傾向にあるのだから、当然の流れです。

どんどん増えて、どんどん良質なものが選ばれて、バイリンガルがどんどん増えたら楽しいですよね。



クリック応援に元気をいただいています!1クリックがかなり大きな影響を与えてくれます^^↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

09:47  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

英語が話せるようになって良かったこと

2011年01月20日(木)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

英語習得は、普通それなりに大変な道のりです。

始めて海外に行く時、外国の方と話す時、どうしても日本人特有の文化が裏目に出たり、また純粋に自分の英語力のなさから、上手く行かなかったりするものです。

悔しい、恥ずかしい、難しい!

ここは、人間関係そのものが難関なのと同じで、上手になるためには通らねばならない道と言えるかも知れません。

でも、話せるようになると良い事もたくさんあります。

まず、「視野が広がる」こと。

これは、簡単によく使われる表現ではありますが、人生を送る上で本当に大きな意味があります。

海外の文化で育った人と友達になることで、日本での「常識」を覆すような意見を聞いたり、生き方を目の当たりにしたりする機会にあえる事があります。

今ではパソコンやテレビで何でも観る事が出来ますが、その相手が親しい友人になった時、初めて実感し、経験となるのではないかと思います。

また、個人的に非常に感じるのは、「表現力が広がる」事です。

ついこの間も、「覇織は英語だと意見を言えるけれど、日本語だと上手く自分の意見を表現出来ない事があるよね」と言われた事があります。

これは、価値観について自分の意見を言う時の話です。

私の言語力としては、当然母語である日本語が上なのですが、だからこそ、日本語独特の常識感や表現方法による制約が強かったりします。

どの言語でも、相手への思いやりや敬意など、共通点はもちろんありますが、「英語ならこう言うけれど、日本語だとこうなる」というように、表現がかなり違って来る事もあります。

2言語を話していると、日本語では言えなかった表現をしている自分に気がついたり、また、英語では言わない日本語表現を再認識出来たりします。

娘とは英語でも日本語でも会話するのですが、同一人物なのに、明らかに表現が違うのが分かります。

2言語で会話出来れば2倍の理解が出来る、とまでは言いませんが、一人の人間を理解しようとする時、2つの角度から意見を聞く事が出来るというのは本当に興味深い事です。

日本語で、なんとなくモヤモヤしていた事を、英語表現で「そう!!これが言いたかった!!」というものを見つけた時は本当に嬉しいものです。

まだまだ英語を話せる利点はありますが、今日はこの位で^^


本日もクリック応援お願いします!m(_ _)m
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

フォニックスの利点

2011年01月19日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


フォニックスという英語学習方法があるのですが、これは知っておくと良いと思います。

C A T を覚える時、C=ク A=ア T=ト でキャットにする、というような覚え方なのですが、「シーエーティーでキャット、ねこ。」と呪文のように覚えるより、色々と効率が良くなります。

一番の利点は、中学生になった時のスペル暗記がいくらか楽になるという事。

ローマ字読みしか知らずに英語を習い始めると、キャット=kyatto と書きたくて仕方なくなるはず。

これが出来ないので、苦しみ、まず中学一年生で「英語は難しい」という生徒さんがふるい落とされてしまいます。

フォニックスのルールは通用しないものもあって、「不規則」としてくくられてしまうという悲しい現実がありますが、それでも「こういうルールもあるんだ」という知識があるのと無いのでは全然違います。


もう一つの利点は、発音です。

良い先生に教えてもらえば、フォニックスの個々の音を学ぶ時、必然的に発音練習になってしまうのです。

Aの音をフォニックスで出すのは、大人にとっては大変な苦労です。これを単語の中の音として、他の音とつなげて読むのは、立派な発音トレーニングになります。


小学校英語が始まりましたが、フォニックスを教えられる講師が増えて、小学校英語の必修項目になれば良いのにな、と思っています。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

(日ー英)絵本の比率

2011年01月18日(火)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

小学校に入学する前までの、お家での英語教育と言えば、1にも2にも、とにかく絵本!ではないでしょうか。

家庭での英会話には賛否両論ありますが、家庭での絵本読みは、おそらく賛成しかいないと言えるくらいだと思います。

さて、幼稚園に入ると襲ってくるのが「日本語の波」です。

赤ちゃんの頃から英語に親しんで来たお子さんでも、日本の幼稚園に入った頃は一気に日本語への関心が強まり、日本語率がグググググー!っと増えます。

年中さんになると、日本語能力が上がり、早い子はひらがなを読めるようになって来たりします。

こうなると、さらに日本語の率が上がり、英語がどこかへ追いやられそうになります。

さてここで迷うのが、「こういう時期は、英語を無理にさせない方が良いのかしら?」ということ。

せっかく伸びている日本語。より伸ばしてあげたいと思うのは当然ですね。私もそう思います。


しかし!


ここで一度英語を放棄させてしまうと、そのまま日本語だけになってしまって、英語は身に付かずに終わる、という事もあるので注意が必要です。

絶対に、英語をゼロにはしない努力をしましょう。

例えば、絵本のある本棚の洋書の率を8割以上にするという方法があります。

夜、寝る前の絵本読みの時、洋書2冊、和書1冊という決まりを作るのもお勧めです。

逆に、インターなどに通っていて英語だけになりすぎているお子様には、和書の率を上げる事をお勧めします。


バイリンガルというのは、どこまで言ってもバランスが命。


ある程度の年齢になるまでは、親が上手く見極めて、上手にバランス良く2つの言語を習得させて上げる事が必要です。

絵本読みは日課として、お家の本棚は2言語の率を上手にコントロールするようにして、バランスを保つようにしましょう。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:14  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

英語だらけの部屋

2011年01月17日(月)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

来月、引っ越しする事になっています。

今まで小さな部屋に住んでいたので、手狭になって来たので少し大きめの部屋に引っ越します。これから娘も小学校入学、新しい部屋で心機一転、頑張ります^^

部屋の配置や家具を考えているのですが、私の仕事スペースとリビングは出来るだけ英語を主要言語にした形にしたいなと思っています。

パパが英語に関心がないので、パパの物はもちろん日本語になります。娘も日本の公立小学校に行くので、もちろん日本語があります。

でも、リビングにあるのは全て英語でも良いかな、と思っています。

言語を二つ話せる人間でいるためには、環境作りがとても大切ですね。目に触れるところに日本語と英語があると、どうしても母語の日本語だけを目が認識してしまいます。

日英両方が書かれている絵本や辞書などがあまり好きではないのは、それを見た時にどうしても日本語だけを認識してしまうからです。

英語だけにする事によって、英語の中で認識出来る単語を見たり、絵など理解出来る情報から意味を理解しようと自然に頭が働くのです。

日中、時間のある時はリビングは英語圏、というような思い切った事をすると、グっとバイリンガルとしての生活が身近になると思います。

家具など選ぶ段階にあるのですが、これがなかなか、センスがない私には難しいです!

週末は初めてのIKEAに行く予定。家具など買うの上手な方、アドバイスお願いします^^*


応援クリックお願いします☆
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

いろいろな先生

2011年01月16日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

教室を運営していると、色々な先生とお会いする機会が増えます。

雇用させていただいている先生はもちろん、私はmixiでも「0~6歳の英語教育」というコミュの管理をしているので、こちらのオフ会などでも様々な先生とお会いします。

面白いな!一緒にお仕事したいな!

と思う先生は、いつでも「私はこういう事がしたいんです」という、明確な意思を持っている先生です。

わざわざオフ会に足を運んで下さる先生はほとんどこのタイプで、お会いした先生方、皆さんとっても魅力的です。

ある先生は「異文化というものを大人向けに教えたい」と言い、ある先生は「幼児専門にバイリンガルを育てたい」と言います。「小学生に日本語で文法を教えたい」と言う先生もいれば、「中学生に英語だけで教えたい」という先生もいます。

自分のする仕事により、社会に何かしらのインパクトを与えたい、というような情熱がある先生って、かっこいいですよね。

うちの教室でも、今年はまた少し新しいスタッフさんを募集する予定があります。

いつも新しい先生とお会いして伺うのは、「一番やりたいクラスは何ですか?」という事です。

これは、とても大切な見極めだと思います。

やりがいを持って、自分の向上心や野心、夢に向かって担当するクラスなら、単なる時給のためにやるのではなく、その先生自身のために新しい力を出してもらえると思うからです。

これまでの私の教室で勤務して下さった先生や、今も勤務して下さっているスタッフさんは、皆そういうタイプです。

「この働きによって自分の能力を上げたい」「この成果を出す事によって、評価を得たい」というそれぞれの想いが乗っかって来たものは、やはり素晴らしい成果を上げます。

「時給がこれだから、出来るだけ楽にやろう」という仕事になってしまうと、これは、<教育>という分野では許されないことになってしまうんですね。

良い先生との出会いの運だけは、絶対的な自信があるので、これからもきっとうちの教室には素敵な先生が来て下さるはず!

単発でのコラボ企画なども、今年もたくさんして行きたいと思っています。企画はいつでも募集中です。

我こそはと思う方、一度遊びに来て下さいね。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:03  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

中学生になる前にやっておくこと

2011年01月15日(土)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


先日、代講で中学一年生の生徒さんのプライベートを2クラス担当させていただきました。

中学一年生は最も多く教えて来た学年で、最も多く研究してきた範囲です。(もう少ししたら幼児の方が生徒数が越して来る事になるかも知れないですが)

中学一年生は、とにかくスペルを徹底的に覚えさせられます。

これは大変な苦労です。

一度、担当している中学一年生のクラスでフォニックス(英語のスペリングのルール)を教えてみようとした事があるのですが、いやいや、到底無理!

週に1度のレッスンでは、その日に教えるべき単語、文法、フレーズを教えるのに精一杯で、とてもとても教える時間がないんですね。

それで、小学校5年生から教えてみたんです。

小学校5年生から始まって、6年生までの2年間を、会話とフォニックスを中心とした学習計画に沿って、基礎的な英語を教える。

これはかなり効果がありました。

でも、やってみた感想は、「時間が足りない!!」でした。

もっと時間があれば、こんな風に広げられるのに、もっと時間があれば、こんな練習も出来るのに。

早期英語教育の利点は、こういう、「中学生が知っていたらもっと英語が楽しめる事」を、先取りで学べてしまうことかなと思っています。

そういう意味でも、あまりに早い年齢で英検等を教え込むのは効率が悪いと思っています。

だって、中学生ってとっても頭が良いですよ。幼児と比べたら、よほどテストにも慣れているし、集中力もある。記憶力も鍛えられているので、自分で法則を生み出して単語を10個、20個とすごい勢いで記憶して行きます。

英検で勝負をかけるのなら、やる気になった中学生や高校生の方が絶対に強い、と私は思っています。

さて中学生の英語を教えるのは、やはり楽しい!

こちらがしっかりとした知識を持って、論理的に説明し、適切な練習問題と課題を与えれば、面白い程伸びて来ます。

「英語は早く始めればより伸びる」

というのは、嘘でもあり、本当でもあります。

やり方が悪ければ、単なる時間の無駄になるし、やり方が良ければ、無限の可能性が広がります。

今、幼少期から英語を学んでいるお子様は、中学生以降の英語学習がより豊かに、幅広く伸びて行く事をイメージして取り組まれると良いかと思います。

下のボタン2つを押すとランキング投票になります。私の元気の源です。よろしくお願い致します。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:47  |  中学校英語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

トイレの活用

2011年01月14日(金)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


他の勉強でもそうですが、外国語を勉強していても常に悩みとなるのが「記憶」ではないでしょうか。

単語が覚えられない、フレーズが覚えられない、、、という悩みは常につきまといますね。

こういう時、とてもお勧めなのが、

なんとトイレの活用です。

どうしても覚えられないけれど、覚えたい単語を書き出すなりコピーするなりして、トイレの扉に貼っておきます。

人間が何かを記憶したいと思う時、有効なのは

「印象づけること」と、「繰り返すこと」です。

レッスンなどでは「なるほど!」「そうなんだ!」という印象付けと、繰り返しの両方を使いますが、お家ではなかなか、単調になってしまって、いちいち全ての単語に感動してはいられないものです。

そこで、「繰り返し」の手法を取ります。

トイレで目にするというのは、特に印象に残るわけではありませんが、行く度に目にするのでかなりの「繰り返し」の頻度が確保出来ます。

何度も何度も、ぼんやりでも良いので見る。

出来れば、毎回声に出して読み上げればベターです。

これはかなり有効です。1年間、何かしら貼っておくだけでも、結構な単語力が付くはずです。

ぜひお試し下さい。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:23  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

中学校英語で会話を教える事

2011年01月13日(木)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


去年から教室でも中学生クラスを開講しました。久しぶりの中学生、とても新鮮です。

というのも、私は中学生の英語教育を専門として大学院まで出ています。社会人として働いていた時も、小学校高学年~中学生が担当で、バイトから数えると結構な年数を過ごして来ました。

さて、中学校では、とにかくスペルの確認から入ります。

中学校英語で点数を取って行くためには、アルファベットという、普通のお子さんにとっては未知の記号の列をひたすら暗記していかなければならないわけです。

これは相当な負担になります。

教室ではYukie先生というアメリカ在住経験があり、テストにも強い素晴らしい先生が担当して下さっているので、既に中学校でも英語が好きになって来た!得意になってきた!という話を聞き、嬉しい限りです。

でも、やはり中学校で点数を取りながら、会話力を付けて行くというのは本当に難しい話なのです。

日本の中学生は、とても忙しいですね。

英語以外の強化も学びながら、部活や趣味の時間を考えると、週のスケジュールはびっしりのはずです。

私は、この中学校でのテストの山を上手く切り抜けながら、会話力も身につけるためには、小学校英語が非常に大切だと思っています。

文字認識がしっかり出来るようになる小学校の頃、子どもたちはひらがな、カタカナ、漢字という、たくさんの文字を学びます。

繰り返し書いて、繰り返し読んで、どんどん語彙も伸ばして行きます。

この過程に、英語が組み込まれているという形は理想的ではないかと思うのです。

日本語の「文字」を学ぶ際、英語という外国語の「文字」も一緒に学ぶ事で、新しい<比較>が出来るようになります。

ひとつの作業をする時、その量がある程度増えるというのは、さほどの負担がかかりません。

「文字を学ぶ」という徹底したトレーニングをする際に、その脳の作業を活かした形で英語の文字も学ばせてあげるのです。

これは、「文字を学ぶ」事をとっくに終えてしまい、「文字を活用する」の段階に入った中学生に突然もう一度「文字を学びなさい、繰り返して書きなさい」というよりも、よほど学習効率が良いのです。

小学校のうちに英語のスペルも学び、会話の基礎を作っておく。

これにより、中学校英語の負担が減り、より理解を深める事が出来ます。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

09:45  |  中学校英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

ORTのケビン先生

2011年01月12日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


イギリス小学校で教科書としても使われている Oxford Reading Tree 。

この読み聞かせのプロとして有名なのが、ケビン チャーチリー先生です。

実際のレッスン風景をDVDとして販売されていて、我が家でもかなりの回数観て来ました。

まだお会いした事がないのですが、これから東京でイベントを何度か開催されるようです。

待ってましたー!

Oxford出版のホームページから、「イベント」で日程や場所の確認が出来ます。

今月はちょっと忙しいスケジュールなので行けるか分かりませんが、出来れば娘と一緒に顔を出したいと思っています。

行かれる方いらっしゃいますか?お会い出来たらよろしくお願いします^^



応援クリック+ランキングチェックしていって下さいませ!^^*
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語 - ジャンル : 学校・教育

15:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

日本文化を学ぶ

2011年01月12日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


外国語の教育を専門としていると、日本文化を学ぶ重要性を肌で感じます。

外国語を学ぶ意義は、異文化交流にあるわけですが、日本の英語教育は他国の文化を学ぶという方向に偏重しているように思えてなりません。

外国語としての英語教育は世界各国で行われていますが、英語の教科書は「いかに自分の国について英語で話せるか」という趣旨で書かれた物が多くあります。

日本の英語の教科書と言えば、ひたすらアメリカの文化、イギリスの文化、オーストラリアの文化について書かれています。

そして、日本文化を紹介するページは非常に少なく、内容も薄いものが多いですね。

また、日本文化を紹介すると言っても、現代の日本人は、さほど日本文化を意識せずに生きて来ている事が多いので、いざ紹介しようと思ってもピンと来ないのです。

日本は、日々外国人旅行者の人口が増えています。これは街を歩いているだけで一目瞭然ですね。

彼らのほとんどが、日本文化に触れたい!という熱い想いを持って、はるばるこの物価が非常~に高い日本まで足を運んでいます。

外国人とコミュニケーションが取りたいのなら、

1、基本的な英語力と外国人の方と話す際の国際的マナー


これを身につける事。

そしてもうひとつが、

2、日本人としての基本知識


を持って、日本人代表という自覚の元、話す事。


この2点が非常に大切です。


当教室ではお琴や三味線のプロの演奏者を招いての英語教育や、書道家の先生をお招きしてのイベント等、将来英語力を身につけた後も、魅力ある日本人として会話が出来るように、様々なイベントを主催しています。

今年度から、幼児だけでなく、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人、シニアの方まで幅広くご参加いただけるイベントをご用意出来るようになりました。

ぜひ両方をバランス良く身に付けて、素敵なバイリンガルになっていただきたいと思っています。



にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 日本語教育/異文化コミュニケーション - ジャンル : 学校・教育

09:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

体調管理

2011年01月12日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


子どもの日常生活が学力にも影響するという話をご存知でしょうか。

統計を取ったところ、朝食をしっかり取っている子どもは、朝食を取らない子どもに比べて学力でも差が出るそうです。

塾で働いていた頃も、「寝る時間が早い子どもは受験の合格率が高い」という話はよく聞きました。

早く寝るには、早く起きる必要があります。

現場の生の声と、統計が、やはり一致しているという事になるので、かなり信憑性が高いと言えます。


さらに、自宅学習において最も効率が良いのは脳科学から言っても早朝だそうです。

この事を考えると、

朝は早く起きて勉強をする。その後、バランスの良い朝食を取って一日をスタートさせる。


という習慣付けが非常に大切だと言う事が見えて来ます。

夜型の覇織ですが、娘も今年4月から小学校に入学しますので、この習慣付けを今年の目標にしようかと思っています。


応援クリック+ランキングチェックしていって下さいませ!^^*
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

09:50  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

英語の読み書きの開始時期

2011年01月11日(火)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


小さいお子様から英語を始めると、英語の読み書きをいつ頃から始めたら良いのか、と悩まれる方が多いようです。

私は大まかに言って小学校入学と同時に学び始めると良いのではないかと思っています。

幼稚園の頃から「親しむ」のは良いと思いますが、多くの単語を暗記したり、文章として書かせるというのは、子どもの身体の発達から見てあまり効率が良くありません。

幼児から英語を始める事の利点は、「発音」と「コミュニケーション能力」にあると多くの学説が主張しています。

この事から、幼児期は会話中心、小学校からは読み書きを取り入れた会話レッスンという流れが最も好ましいのではないかと思います。



SUNNY BUNNY Language Schoolでも、

応援クリック+ランキングチェックしていって下さいませ!^^*
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

15:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

小学校英語のクラスを考える 文京区

2011年01月11日(火)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール



小学校英語、ついに必修化ですね!

SUNNY BUNNY Language Schoolでも、小学校英語のクラス開講を検討しています。

これからどんどん求められる英語のレベルが上がって行く中で、より多くのお子さんが気軽に英語を始められるようになると良いですね!

小学校英語は、英語の教え方を専門的に学んでいらっしゃらない小学校の先生に負担としてのしかかっているという現状があります。

言語教育の専門校として、民間からのサポートが大きく必要とされている分野だと思います。

話す、聞く、書く、読むをバランス良く学べるクラスを開講予定です。



応援クリック+ランキングチェックしていって下さいませ!^^*
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you

テーマ : 英語 - ジャンル : 学校・教育

09:44  |  小学校英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

ペンキ塗り

2011年01月09日(日)


新年明けましておめでとうございます!


ブログ更新せず何をしてたかと言うと…

色々してましたが…

今日はペンキ塗りしてます(^-^)v

低予算の教室作りに手作業は欠かせず、結局肉体労働になるんですね(^▽^;)

新年の教室のイメージを少しでも新鮮に!

これからこの教室を使って下さる生徒さんやスタッフさんが少しでも快適に!

そんな事を思いながら、

コロコロ… コロコロ…

ペンキ塗ってます。

なかなか楽しいです。


完成したら写真UPします♪
14:53  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。