2013年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

絵本の選び方 the cat in the hat

2013年08月20日(火)

絵本は全ての教育の基本です。私が戦時中の事を繰り返し語るおじいちゃんのように繰り返し言っているセリフは、アインシュタインの言葉の引用です。

「頭の良い子を育てたければ、本を読んで聞かせると良い。もっと頭の良い子に育てたければ、もっと本を読んで聞かせてやると良い。」

人類最高の知能と言われた人がそういうんですから、まず間違い無い(古い)。

親が読んであげる絵本は本当にいろいろな面で教育的に良いそうです。情緒を安定させる、想像力を養う、表現力を身に付ける、文法を定着させる、語彙を増やす、さらには健康にまで良いとか。とにかく良いらしいですね。

で、絵本を選ぶ基準ですが、これはとにかく好みが物を言います。が! やっぱり抑えておいた方が良いポイントはあります

私はいつも選ぶ時は、とりあえず「名作」と言われるものや、なんらかの「」を獲ったものに目を通します。長く親しまれてきたロングセラーなんかは、やっぱり間違いがないです。

読んでいるとほとんどが美しいライムになっていたり、絵がとても巧妙に出来ていたりするだけでなく、読みこんで置くとふとした英語のTVで引用されていたり、友達になった外国人の方が「私も子どもの頃読んでたわ!」なんて言ってくれて話に花が咲いて、それがきっかけでさらに仲良くなっちゃったりする可能性もあるんです。

副産物?ではありますが、こういうきっかけってすごく大切だと思います。洋画と漫画の大ファンの私が、その無駄っぽい知識でどれだけ友人を作ってきたか!笑 いや、本当に馬鹿にできません。

キャラクターものに抵抗がある方もおられるかも知れませんが、やっぱり色々な形でそのキャラクターと触れる事が出来ると子どもは喜びます。

「可愛くない」と思うキャラを無理に扱う必要は全くありませんが、それなりに良いな~と思えてお子さんも気に入るようなら、積極的に親しませてあげる事で英語との距離はぐっと近くなります。大人だって、ファンになったものはコレクションしたくなりますよね?

ブログの左の欄に紹介している絵本、the cat in the hatやthe very hungry caterpillarなんかは、まぁまず間違い無い!という所です。
  



うちは娘が0歳の頃、とりあえず何か買おうと本屋に寄って迷わず買いました。娘がすぐに興味を持とうが持つまいが、英語教育をするなら通る道だと思ったんです。
別に大好き!にならなくても良い。これくらい有名な話は、「ああ、あの話ね。」って知っている事が大事だと思うのです。

日本でも、桃太郎を知らない人はいないですよね。でも、みんなが桃太郎大好き!ってことはなかったと思います。でも、知っていると話が広がったりとか、もしかしたらそれをネタにジョークなんかが飛ぶかも知れないですよね。有名な童話に触れておく利点はかなり多いと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

20:18  |  英語の絵本  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。