2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

運動も英語もきちんと

2009年07月21日(火)

SUNNY BUNNYのサマースクール、まだ空席ある日程あります!^^

⇒ 



4歳なりたての娘は15cmの靴を履いていました。でも、最近なんだかきつそう・・・と思い、靴屋さんに。

測ってもらうと16cmでした!ごめん、ごめん、もっと早く来てあげればよかった~(><;

でも靴のメーカーさんによって勧める靴が違うみたい。今まで履いていた靴だと15、5cmくらいを勧められていたかも、と言われました。

今回買ったのはアシックスの靴。



色も可愛くてオシャレ。ちょっと高いけれど、きちんとしたメーカーのこれくらいの値段のものが一番安心な気がします。

アシックスの靴推進派?のお店の人によると、大きめの靴を選んで、バックルでしっかり留めるのが一番良い!!のだそうです。

なので、みいには16、5cmの靴がちょうど良いと言われてビックリしました。

大きめの靴にする事で指が自由にうごき、指で地面をつかむような動きを覚えるそうです。

それで靴がぐらぐらしないようにするためには、絶対にバックルが必要!だそうな。なるほど・・・

よく幼児から英語教育とか言うと、「そんな事してないで、もっと公園で遊ばせてあげろ!」とか言われるんですが、公園でたっくさん遊ばせながら英語もする、という発想があって良いと思うのです。

感性を育てたり、五体の運動能力を育てたり、親とのコミュニケーションを育てたり。そういうお手伝いをしながら、英語を習得する方法がある。

短絡的に早期英教育を批判する方は、「RUN」って書かせて、「走る」って訳させて、書かせて・・・というイメージが強いのかも知れないですね。

でも幼児期に習う英語って、そういう勉強ではないです。RUNだったら、走りながら覚える。ちゃんと運動もさせます^^

きちんとした方法ですれば、早期英語教育による学習の相乗効果は期待出来ても、母語を始めとする他の習得事項の障害になる事はないのではないでしょうか?

良い靴を選ぶ。たくさん運動する。体にいいものを食べる。たくさん色んなものを見て、色んな事に挑戦して、たくさんママに甘える。

基本をしっかり押さえながら、当然のように英語も取り入れる。そういう形は、外国から来た友人と話していると、とてもナチュラルな事に感じるのです。

英語が話せるのは当然。

世界の先進国である日本の一般常識がそういうレベルになるのは、そう遠くない気がしています。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you 

クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

11:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●うちもSUKU2です♪
うちも今SUKU2はいています。
やっぱり足にいい靴がいいですよね。
SUKU2は紐靴のようにストラップを絞めてはくそうです。

実際に体を動かしたり、お料理したり、歌を歌ったり、遊びのなかで英語をやるというか、英語であそぶ、というだけ
なのに、そんな早くから英語なんて、というようなことをよく
言われますよね。
教育=つめこみという図式でしょうか。

私もこだわりなくいろんなものに触れさせてあげるなかに
英語がある、という考えです。
でも私自身が楽しくなかったらすぐにやめちゃいます!
母親が楽しんでなかったら子供のきっと楽しくないですよね。
なすび |  2009.07.21(火) 21:32 | URL |  【編集】
●>なすびさん
おお(・▽・)そう、確か、靴紐みたいに・・・って同じような説明うけました!なるほど~って思いますよね。同じ靴をチョイスしていたなんて、ちょっと嬉しいです^^
早期英語教育批判は鋭い指摘が多いし、きちんとした先生が否定派に回られる事も多いので真摯に聞こうとは思っているのですが、「早期英語教育の何も知らずに、むやみに批判してるな・・・」って方もやっぱり多いですね。
認知度と幼児英語教育の水準が上がれば、きっとずいぶん落ち着いてくると思っています。
英語教育に関しては明らかに早期化、早期化にあるし、外国を見てもやはり外国語は早期からという考えは多いですよね。
そういう流れにはなっていくとは思います。
ママが楽しくないと・・・という考えは本当に賛成!特にベビーちゃん時代はママとの共感の時代なので、ママが楽しむというのはすごーーく大切だと思います^^
Aides |  2009.07.23(木) 00:05 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/308-a5d5edbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。