2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

講師のこだわり

2009年07月24日(金)

英語の先生を選ぶのってとても大切です。

良い先生に出会っただけで、英語が大好きになったり、嫌な先生に遭遇してしまったせいでずっと英語がトラウマになったり。

そういう話って山ほど聞きます。

ネイティブなら安心!とか、

日本人講師なら安心!とかは、

絶対に言えません。

当然ながら、よーーーく選ばないといけません。

Suwannaに、「英語講師をしていると、みいちゃんの英語の先生を選ぶのって大変じゃない?」と聞かれたことがあります。

YES!!!

めっちゃ大変です。

ネイティブ講師でも、教授法を学んでないといやだし、1年は最低でも同じ先生でないと嫌だし、ネイティブの中でも私好みの綺麗な発音でないと嫌だし、子どもの扱いが上手くないと嫌だし、1レッスンに最低3倍くらい予習と復習と研究に時間をかけるくらいの情熱がないと・・・

うちの子は任せられない・・・・(-△゛-

日本人講師でも同じです。上記の事項にプラスして、ネイティブ並みの英語力が無いと・・・

うちの子は任せられない・・・・(-曲゛-

と、思ってしまいます。(--;

だから、SUNNY BUNNYでのレッスンは、自分の子も生徒にしたい!と思えるよう、限られた能力の中で、精一杯の努力をしています。ちょっとそれをご紹介。

1. 年間計画を立てる。

去年のレッスンプランを元に、その年のコンセプトを決めてヴァージョンアップしたものを作成します。毎年必ず書きなおすことで、時代に即した、講師の個性と生徒さんの要望に適したものを提供するのが狙いです。

2.事前にレッスンプランを作成する。

詳細なレッスン計画を、レッスンひとつひとつに対して書いています。

3.レッスン毎のミーティング

レッスンが終わると、毎回、受付さんも含めスタッフ全員で意見交換をします。

特に講師間は密に話をします。あの歌の振り付けは少し難しかったようだとか、フラッシュカードの出し方を変えてはどうかとか、毎回相談したり議論したりしています。ミーティングは随時行っており、特に新しい企画がある場合は時間を惜しまずアイデアを出し合って企画します。

主婦である身で、良いレッスンを提供していくのはなかなか大変です。

でも、出来るだけ体調や気分に左右されず、出来るだけ一定のクオリティーを保ちながら、信頼していただける講師であるために考えた方法です。

今まで勤務してきた塾の中で、特にすばらしかったと思う教室を参考に、大学院で学んだ教授法やカリキュラム考案のノウハウなどを織り込んで、SUNNY BUNNYなりにアレンジした運営方法です。

学生の頃の同期で、今も先生をしている友人にこの方法を言ったら、

「そんなのやってんの?!すっごい大変でしょう?!」

と、驚かれました。

もちろん、うちだけが苦労しているわけでは当然なくて、もっともっと努力されている先生方は山ほどいらっしゃるとは思います。

でも、これだけ小規模で、一介の主婦が立ち上げておいて、早期英語教育の分野で、これだけこだわっているという事実は、やはり大抵驚いていただけます。

他の教室で講師をしている友人にレッスンプランや講師ミーティングの話をしていたら、

「あー・・・私、絶対Aidesの所では働きたくない~・・・!」

なんて言われた事もあります。^^; はは・・・

でも、「生徒にとって良い教室は、講師にとっては厳しくて大変!」であって当然だと思うのです。

美容院に行くといつも思うのですが、とても居心地が良くて気が利いて、なんて上質な待遇なの~☆なんて大満足するようなところって、よく見ると従業員さんは大変そうなんですよね。いつも気を配っていて、忙しそう。

逆に、従業員同士が客の髪を切りながらペチャクチャおしゃべりしちゃうような所って、従業員さんたちは働きやすいだろうなと思うけれど、客はあまり気分が良くありません。

ホテルとかもそうですよね。一流のホテルって、なんとも快適なんだけど、働く人は物凄い大変な研修を受けていて、いつも張りつめた緊張感を持っているから大変そう!

安くてお椀をドーン!なんて置いちゃう中華料理屋とかは、客は嫌だけど従業員は怠けてて楽そう!

もちろん、すっごく素敵な美容室とか、一流ホテルとかのレベルは理想だけど、そういうイメージを持って、いつも頑張って行きたいな~と思うのです。

まだまだ試行錯誤ですが、目標は大きく持って、自分たちで決めたことを地道にこなしていく努力は怠らずにやっていきたいなと思っています☆

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you 

クリックthank you

<↓こちらのブログもチェック☆↓>
Dandelion Classのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
Pansy Classなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

21:36  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●No title
ただ一言。
頭が下がります。
(^v^)

でも何より、
Aidesさんはそうすることが
大好きなんですよね。(?)

そして陰なる努力がちゃんと目に見えた形で返ってくるから
ますます励みになるんでしょうね。
見習わなきゃ。
rickymom |  2009.07.25(土) 11:36 | URL |  【編集】
●>rickymomさん
心底尊敬している恩師がいるんですが、すっごく厳しい方だったんです。なので、基本的には先生の「そんな程度でレッスンしてんの?生徒に土下座しろー!!」みたいな声が聞こえる気がして、ひぃぃ~(ノT▽T)ノってやってるようなとこがあります。(笑

でも、rickymomさんのような先生のブログを見ると、私なんかまだまだだなぁと思います。こちらこそ、いつも見習わせていただいてます。

Aides |  2009.07.25(土) 15:29 | URL |  【編集】
●いい先生を見つけるのは本当に大変!
こんにちは(^0^)/

なかなかコメント残せませんが、Aidesさんの記事がたくさん更新されていると、いつも嬉しくて必ず読みに来ています!

それにしても、この記事に書かれているようなネイティブの先生を見つけるのって、本当に大変だと思います。

私は今までうちの子の為に…といろいろ探したけど、これほどの情熱を持ったネイティブの先生にはまだ会ったことがありません!
だから結局どこにも習いに行けていません。

それに比べて、Aides先生のレッスンは本当に素晴らしいですv-238、私も頭が下がります!
家が近ければウチの子を教えていただきたいほどです。

サマースクールも気になる~!
Marinko |  2009.07.26(日) 00:22 | URL |  【編集】
●>Marinkoさん
ありがとうございます(*^_^*)嬉しいです♪

更新は波があってすみません(^-^;)書きたい事がグルグルして、落ち着いて更新出来る時と、毎日に精一杯でパソコンは開かず携帯で必要事項チェックだけ!って時とが交互に訪れてまして・・

サマースクール、riちゃんにインテンシブとかいかがですか?(^v^)もしご都合あえばぜひ☆
Aides |  2009.07.26(日) 01:18 | URL |  【編集】
●それだから
それだからAidesちゃんのところに通わせている!
そういうの、見えない部分が多くて全部は理解できてないかも
しれませんが、ちゃんと私たちには伝わっていますよ。

私も先生選びに関しても、全く同意見。
だからAidesちゃんにお願いしています!

結局、大事なのは、先生なんですよね。
以前空手の記事があったけど、合気道!と思っていても
合気道に良い先生がいなくて、空手にすごく理想的な先生(もしくは道場)が
いたなら、私も空手を選択すると思います。

いい先生をみつけるのって本当に難しい。
私と娘ははラッキーだったと思います^^
なすび |  2009.07.28(火) 10:17 | URL |  【編集】
●>なすびさん
もったいなきお言葉~~(TvT*

読みながら、「あー生きてて良かったぁぁー」とか心からつぶやいて、隣にいた旦那にビクっとされました。笑

最近本当に身にしみて感じているのですが、良いレッスンって講師だけでは絶対に実現しないんですね。講師としての用意を整えるのは当然ですが、そこに「生徒さんの力」という要素が加わらないと、絶対にパーフェクトなレッスンにはならないのだと思います。

パーフェクトというのはおこがましいのですが、今年のパンジーのレッスン中には「おおお!」って、講師もちょっと感動するような場面が何度かありました。

SUも、今年のパンジークラスは生徒さんの質がすごく良い。積極的だし、明るくて素敵なママが揃っているわ。とよく言ってます。私も本当にそう思います。

人の発音の癖とかを覚えるのが結構得意なのですが、ママさんたちの発音が物凄い勢いで上達しているのも感動です。

後期も楽しく行きましょうね^^よろしくお願い致します。
Aides |  2009.07.29(水) 12:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/313-a623c805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。