2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

うちの本棚

2009年12月08日(火)

バイリンガルも夢じゃないのMarinko先生が、「うちにある洋書を数えてみたら・・・」という記事で、ご自宅にある本棚を撮って公開されていました。

その数なんと500冊とか!すごい!

それだけ持っていながら、最後は

>数をたくさん持ってるだけじゃ何の意味も成さないという考えは変わりません

>持ってる教材をいかに大切に効果的に使うかがやっぱり大事ですね


と、客観的にまとめているMarinko先生、益々ファンになりました~

Marinko先生の特選絵本が500冊も揃っているお家、良いなぁ~ と、本当に憧れます^^


我がこれとは逆に、家は狭くて置き場がない事もあって、すごく少数絵本での英語教育を頑張っています。

たくさんあるものいいけれど、少数精鋭でも結構事足りるものなんです。

なので、うちは

☆少数絵本でも頑張る方法☆

的な切り口でご紹介してみます^^)b

まずうちには、大きく言って大きな本棚2つと、4歳の娘、みい用の小さな本置き場ひとつがあります。

大きな本棚は、普段あまり使わないもの入れと、結構使うもの入れがあります。数えるのは気が遠くなるほどあるのですが、ほぼすべて「言語」か「教育」に関する何かの本か、それから派生した類の本です。辞書はもちろん、本当に色々とあります。ここに絵本もあります。

講師として揃えるべき本!という事でしたら、これらを必死に数えて行きますが、

今回のお話は「家庭の英語教育」ですから、子ども用絵本に絞ってお話します。

さて、ここから、みいの今の状態に一番適してるのではないかな?という本を選んで、みい用の本置き場に置いてあげます。

それがこちら。
091207_1945~01

みい用の本置き場。はい、これだけです。^^

みいがいつも目にして、かつ、取れる本は、これだけ、という事です。後は奥の本棚にしまってあります。

ワークとか、日本語とか、フランス語とか、中国語とかも、混ざってます。

右の容れ物にはORTとかSight Wordとかの小さめの本が入っています。

数は30~40数冊くらいかなぁと思います。

ポイントは、この棚は気が向くといつでもチェックして、今の娘にとって一番良いと思うものだけを置いておいてあげている事です。

常にみいの足がこの本棚に向くように、ちょうど興味がありそうなものを揃えてあげるようにしています。かつ、きちんと何かを学べるようなもの。

「常に」というのが手間暇かけてるところです。

本屋さんで本を買うのは、大体月に1~3冊くらいを目安にしています。これ位を常に買っている事で新鮮さが続くし、かつ多すぎないので丁寧に読みこめます。

多読目的なら図書館でOK!と、割り切ってしまうのも手だと思います。

家に置いておく本は、

常に手元に置いておいて、いつでも読める状態にしておきたい絵本はどれか?

という目線で。

こうすることで、ダラダラと教材を買って、買ったことに満足・・なんて無駄な事をしないで済みます。

有名な話ですが、腕の良い刀研ぎの職人は、子どもにその職人技を伝える時、最高の刀を見続けるそうです。決して、なまくらを見せて比べさせたりしないそうな。ひたすら最高の刀の研ぎ方を教えて、素晴らしい名刀だけを見せ続けるそうな。

そうすることで、本物に目を慣れさせるそうです。それが一番の教育だそうです。

私は最高の職人ではありませんが、やはり良い物を与えたいという親心はあります。

たくさんの洋書に触れるのも大切!

厳選された良い絵本を読みこむのも大切!

って事ですね~☆

色んなお家の取り組みを見るのって楽しいですね。うちはドーン!と本棚の写真なんかをお見せ出来なくてちょっと恥ずかしいですが、こういうお家もあるよってことで^▽^)アハハ

書いてたらまた本が読みたくなりました~^^


↓クリック応援がブログの命・・。よろしくお願いします!(><
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

実際に会いに来て下さ~い♪⇒


<↓こちらのブログもチェック☆↓>
パンジークラスのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
会報係のなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

12:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/429-27477cda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。