2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

才能や環境がなくても

2009年12月07日(月)

英語が出来る人のよくある経歴・・・


・帰国子女である

・ずば抜けた記憶力がある

・ハーフである

・子どもの頃に英才教育を受けた

・昔インターナショナルスクールに行っていた

・セット英語教材が家にある

・お家に多量の英語絵本がある

・超名門校の出身だ

・海外長期滞在経験がある

・自分の子どもがインターナショナルスクールに通っている

・旦那さんが外国人である

・子どもの頃から何をやっても優秀だった

・ずっと英会話スクールに通って来た

・昔、実家がホームステイを受け入れていた

・両親が英語教育に熱心だった

・両親が英語に堪能だった

・私は外国人だ

・っていうか、そもそも私はネイティブだ



の、上記のひとつも、私は 当てはまらない。どーーーん。


当てはまったら良いな~とは思うんだけど、残念ながら当てはまらない。(TーT ぐすっ


でも、それでも案外話せるようにはなるんですよ。

こんな平凡な私でも、案外話せるようにはなるんですよ。


英語教師にまでなってしまって、よく思う事。それは、

話せるようになるルートには規則性がある

という事。つまり、ルールがある。

そして多分、そのルートに導いていくための

正しい教え方にも、規則性がある


~ ずば抜けて恵まれた才能や環境がなくても、
 ほぼ全ての日本人が英語を話せるようになる教え方の法則がある。~



最近では、この考えは信念に近い。


こういう研究に生涯を捧げた学者さん、たくさんいらっしゃる。

私の恩師である若林俊輔先生もその一人で、まさに人生を日本での英語教育に賭けた方だった。

だから、「英語教育法」を勉強し、それを必死に実践するというのは、本当にすごいロマンある仕事だと思ってる。


特に恵まれた環境でないのに、英語が話せるようになる方法。

絶対にあると思う。


「私にも出来たんだから、私と同じ方法であなたもトライ☆(゜▽゜」っていう短絡的な考えは↓絶対にいけない↓ですよ。そんな事考えてないですよ。

でも、自分の経験、つまり上記の条件に当てはまらないのに出来るようになったという「事実」はある。


それを胸に、謙虚に、文献たくさん読んで 英語教師の取るべき黄金の法則とでも呼ぶべきルールを見つけ出したいと切に思う。

こういう事を追求する情熱が、特に才能に恵まれたわけでもない私なりの持ち味であり、自分の役割なのかな、と思うようになってきた。


来年に向け、私にはない素晴らしい経験を持った先生方をお迎えしてパワーアップ予定のSUNNY BUNNY。

それぞれの長所を出した、楽しいレッスン展開が出来るよう、かなりエンジンかけて頑張っています^^



↓クリックお願いします!今日は何位かな♪↓
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you

実際に会いに来て下さ~い♪⇒


<↓こちらのブログもチェック☆↓>
パンジークラスのはぎ☆ちゃんのブログ⇒bloom☆絵本で英語子育て日記
会報係のなっちゃんのブログ⇒はじめての英語育児
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

22:08  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/433-fb21c467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。