2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

すっごく楽しくて効果のある単語導入

2010年06月06日(日)

年中さんと年長さん対象のインテンシブクラスで、単語読みの取り組みを始めました。

幼児英語の分野で私が強く勧めている「フォニックスを用いた発音指導」+「サイトワード認識」のミックスのレッスンです。

娘と一緒に試行錯誤しながら、編み出した単語の教え方です。

これが今、かなり楽しいです。

単語カードを作ってフォニックスを教えながら色々やるわけですが、これが大爆笑+超集中の、とっても良いレッスンに仕上がっていて非常に満足しています。

味気ない単語カードを、ひたすら何百、何千?なんて覚えさせてしまう方法もあるようですが、それってすごく心配になります。

そうでなくて、「何て文字って楽しいんだろう!」とか、「えー?!簡単じゃん!!」とか、そう思わせながら、あくまでストレスなく(専門用語で言うと「情緒フィルターを限りなく低い状態で」)発音と単語認識を融合させて教えて行きたい。

文法指導もキッチリ入れているのですが、もちろん文法説明を日本語でするとか、まして英語でするとかはしません。

こちらがコントロールした教え方によって、文法に「気付く」方向に持っていきます。

新しい単語をつなげ、文にして読み、その意味が分かった!という時の生徒さんの表情ったら、本当に何とも言えないんですよ。可愛い、というか、美しい、というか、素晴らしい、というか、何と言うか。

すっごい笑顔で、「読めた」事を喜んで、楽しく英語だけで会話しながら笑い合って、その後にしっかりと自分の手でその単語や文を書き取る。

ちゃんと教えれば、発音はおのずと綺麗になります。だって、綺麗な発音の仕方しか習ってないんだから。日本語と全く比較しないでレッスンが進むので、そのままの音でしか習得しないわけです。

実は、単語指導と発音指導に関しては、大学院の論文の時も研究テーマとして統計を取ったりさんざん文献調べたりしながら実践で成果をあげて来た、かなり思い入れが強い所なのです。

私の方法が完璧なんて、間違っても言いませんし思ってはいませんが、このやり方は、ひとつの提案としてはとても面白いのではないかという思いが日に日に強くなっています。

この方法は絶対、論文にしたいー!(><) 頭の中でだけ理論が立てられていて、それを吐き出す事も出来ず議論も出来ないというのは、とってもフラストレーションなのです。いつかきちんとした形で日の目を見られますよーに。



↓1クリック応援が本当に助かっております・・。よろしくお願いします!(><
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語教室 - ジャンル : 学校・教育

01:45  |  英語講師の話  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

なんだかとっても専門的。
見てみたいなぁ。その教え方。
DVD出して♪(^v^)
rickymom |  2010.06.07(月) 09:18 | URL |  【編集】
●知りたい~!!
その方法、すっごく知りたいー!
早速、体験レッスン申し込みました。年長さんだし、そろそろ単語を読む力が備わってくれるといいなぁなんて思っているところでした。もう少し大きくなって自分で絵本を読むようになると力もぐーーんって伸びますよね。
私も昨日から親子英語ブログ始めました~良かったら遊びに来て下さい。
エナタロ |  2010.06.07(月) 13:17 | URL |  【編集】
●>rickymomさん
あはは。先生に満足していただける内容か分かりませんが、そう言っていただけて嬉しいです。
DVD出すスポンサーになって♪(笑
覇織 |  2010.06.08(火) 14:44 | URL |  【編集】
●>エナタロさん
体験申し込みあったと聞いたよ~!すっごく嬉しかったです^^ありがとう~!
絵本を読めるようになるのは、もう少し後でも良いかなと思ってるけど、親しんでおくのはとても良いよね。
時間があったら簡単に単語の教え方も紹介させてもらうね。
親子英語ブログ始めたんだね~!今から読みに行きますっ!!
覇織 |  2010.06.08(火) 14:47 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/525-34844a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。