2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

正しい英語にしていく方法

2010年07月29日(木)

1対1で英語を教える時に有効なのが、何といっても「言い直し」です。間違いを見つけたら、その場ですぐに正しい言い方で言い直してあげます。

基本的には、「間違えた」という事実を強制するのではなく、あくまで笑顔で、理解を示しながら言い直します。


例えば、最近うちの娘のみいは 「過去形を was + 動詞 の形で作る」という癖が出てきました。

過去形を使えたり、使えなかったりしながら、「あれ、昨日とか、前のことはなんか違う言い方をするみたいだぞ」という事が分かってきて、試行錯誤している段階だと思います。


例えば、みいは最近、

Yesterday, I was take it, and…. (昨日ね、それを取るしたんだけどね・・・)

とかいう言い方をするんですよ。

そういう時、

Oh, you took it. Then? (へえ、取ったの。それで?)

と、was take の部分を took と、正しい過去形の使い方に直して言ってあげます。

*訳は雰囲気が伝わればという程度の意訳です。あしからず。


言い直しは、あくまであいづちのタイミングで、興味を持って言っているかのような口調で言います。基本的に、繰り返させたりとかもしません。


相手の言った言葉を、同じように繰り返してあげるというのは相手に好感を持たせる効果があります。「オウム返し」という手法として呼ばれたりして、外交などでも使われたりするらしいですね。

例えば、「昨日、学校に訪問に行ったんですよ。」と言われて、「へえ、学校に訪問に行ったんですか。」というような話し方です。まさに相手の言葉をオウム返ししています。


言い直しは、オウム返しとは違いますが、子どもに対してだと、言い方によってはこれと同じように好感を持たせながら話を進める事が出来たりします。


私はレッスンで、まだ英会話の基礎が出来上がっていない生徒さんにもこれを多用します。

「どうやって書くの?」と聞かれたら、「How to write? OK, first....」と、最初に確認するかのように英語に言い直してあげてから教えたりします。


ポイントは、何といっても「間違っている!」と指摘しない事です。

間違いを指摘されると、大人でも一瞬ひるんでしまうものです。言葉を学ぶ最中の子どもなら、なおさらです。

あくまで会話は続けさせて、かつ、「うんうん、分かるよ!」と相槌を打って子どもに自信を持たせながら聞いてあげる。

その流れを途切れさせずに、英語を矯正して行くのが大切なのではないでしょうか。


↓1クリック応援ありがとうございます!他にも役立つ親子英語サイトがたくさんありますよ~!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

23:56  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●耳が痛い・・・
私が間違いを指摘するので、
娘はだいぶ家で英語のワークやったり単語練習したりが
ちょっと嫌いになってしまいました・・・
耳が痛いわ~。わかっちゃいるんだけど、つい。
本当に、これからは気をつけます!!
はぎ☆ |  2010.08.01(日) 12:11 | URL |  【編集】
●Re: 耳が痛い・・・
優秀なママさんほど、間違いをきっちり指摘してしまったりするみたいだね^^ しっかりした指導があるからこそ、はぎ☆ちゃんのお子さんのあの素晴らしい理解力があるんだと思うけど、「英語は嫌い!」になると元も子もないもんね・・。褒め続けるのも大変だよね(>< でも、はぎ☆ちゃんのお子さんはすごく上手だから、それを思い出してたくさん褒めてあげてね~!!
覇織 |  2010.08.08(日) 16:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/562-35c0b8d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。