2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

恩師

2010年09月24日(金)

今日、恩師の小池先生に久しぶりに電話しました。大学院時代の担当教授で、日本人なのにずっと英語でレッスンをする先生でした。相変わらずお元気そうで、今は市の施設の運営などを任されており、英語は講演などで今も活動されているそうです。

やっぱり大学教授となると、ご退職後も活動の仕方が違いますね^^ 生涯教師でいられるって良いな、、と思います。

SUNNY BUNNYには誰もが驚く(?)かなり大きな辞典があるのですが、これを私が愛用しているのも、この先生のお陰です。先生がこの編集者の一人だったので、学生時代、有無を言わさず買わされ、、、いやいや、当然のように、買わせていただいたのです。



とにかく大きい!のですが、これが、使い始めるとちょうどいい感じなのが不思議です。

ちょっと、じっくり調べたい時などは、いくつも文献をあたらずにしっかり調べられるので、むしろ楽なくらいです。

SUNNY BUNNYという名前を付ける時も、当然この辞典で単語の意味をよく調べた上で付けました。日本人が聞いて心地よくても、英語圏では歴史的に隠れた悪い意味があったりする事があるので、しっかり調べるのはとても大切です。

さて先生に、「今、1~6歳位のお子さんを中心に英語を教えさせていただいています」と報告すると、「それは良い!」と、喜んでいただけました。

英語教育に携わる先生には、早期英語に反対の方も非常に多い中、小池先生はとても柔軟な考えの方です。

まず、

「最初は単語、単語ではなく、言語は固まりで覚えるというから、使用頻度の高いフレーズを中心に教えると良いと思いますよ。」

とのアドバイス。

「あと、やはり発音は早期に越した事はないから、日本語とは全く違う音として、しっかり教えるのが大切ですね。ある程度の固まりで、発音に特化して教えると良いんじゃないですか。」

院を卒業してから、気付けば結構な年月が経ってしまいましたが、先生のアドバイスはすぐに頭に入って来ました。

「久しぶりだなあ!懐かしい!大学院時代に一気に戻った気がするよ!」と先生が喜んで下さいましたが、私も全く同じ気持ちでした。

幼児や児童に英語を教えるという分野は日本では非常に新しく、教えるにあたって必要な免許すらありません。

だから、正直言ってしまえば、全く勉強しなくても、対して英語力がなくっても、英語の先生ですと名乗ってしまえばなれてしまうのが児童英語教師の実態なのです。

手を抜こうと思えばいくらでも抜けてしまう、この仕事。

大学院時代、「日本の未来を変えていけるような英語教育がしたい」と強く思いながら勉強していましたが、その思いを新たに、また頑張ろうと思えました。

いつか博士も取りたいな、、、、



↓こちらをクリックしてランキング応援をして下さい!今日は何位かな??
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

12:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

素敵な話だね
覇織ちゃんみたいな情熱を持っている先生にはなかなか会えないので貴重です。

発音と言えばみいちゃんの発音は本当にきれいだね~!何か今日はいつもより凄く元気があって沢山みいちゃんの英語も聞けて良かったです。ネイティブ相手だとより実力が発揮されるんだなぁ…
よく使うフレーズ、I want …とかもっと教えて、使わせてあげなくちゃって思いました。

がんばるよ~
エナタロ |  2010.09.24(金) 20:31 | URL |  【編集】
●>エナタロさん
ありがとう^^*
自分の娘だけは、発音とか分からないんだよね。存在が近すぎて見えないのかな??
普段のレッスンはたくさん知って!驚いて!という連続なので、少し肩の力を抜いて、子どもならではの発想を活かすPLUS1のレッスンは、ある程度会話力が出て来た子にとっては自由に発言出来る楽しい場なんだよね。みいは先週始まってから、次回のPLUS1が待ちきれないらしい(^^*
今日はシュウちゃんも目がキラキラしていたよ~!すっごく可愛かった☆月、日にち、曜日がスラスラ言えた時はPhilippe先生もビックリしてたよ!
シュウちゃんは、まずは「英語と日本語の切り替え」という第一段階を超えたから、ここからは知っている英語をもっともっと使って行けるよう、頑張って行こうね!^^
覇織 |  2010.09.24(金) 20:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/596-36185cfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。