2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

マザーグース1曲!の勧め。

2013年07月01日(月)

「うちは何も英語教育してないんですけど、何から始めれば良いんですかね。」ってよく聞かれます。

私の答えは、断然「1曲の子守歌か、1冊の絵本から始めたらどうですか?」です。広く浅くやるのも、もちろん良いです。色んな始め方があって良いし、絶対にこれが良いという方法なんてありません。でも、赤ちゃんを持つママが、自分の子の英語教育に興味を持ったなら、これはまず避けては通れない王道じゃないかな~と思います。

1曲の子守歌か、1冊の絵本。ママが歌が好きか本が好きかで選んで良いです。

今日は子守歌の場合について書きます。

MOTHER GOOSEと呼ばれる歌がたくさんありますので、その中から選ぶ事を強くお勧めします。MOTHER GOOSEとは日本でいう「童謡」のような意味で、英語圏で育った人なら共通の常識として認識されています。子どもの頃に歌うだけの日本の童謡とは違い、古くから親しまれてきたMOTHER GOOSEの歌詞はどれも、詩としても大変優れたものとなっています。このため、CDが付かずに絵と詩だけの、朗読用としての本も多く売られています。

MOTHER GOOSEに親しんでおく事の効果はまだまだあります。大人になってからの知的な言葉遊びには、かなりの高確率でMOTHER GOOSE が使われてます。映画の題名に文字って使われてたり、新聞の見出しに使われていたり、という事もかなりよくあります。友人と話している時も、ジョーク等で引き合いに出される事もあります。つまり、子どもが英語の歌に親しむだけではない効果が色々とあるわけです。せっかくやるなら、こういう広く使えるものを覚えると良いと思います。(日本語の歌の英語訳などもあって、それはそれで面白いとは思いますが、ここで述べた事を踏まえると、やはり英語圏で長く親しまれてきた童謡と比べると後々の活用度は低くなると考えられますね)

というわけで、まだ持ってなかった方はMOTHER GOOSEと名のつく本を本屋さんで探してみましょう^^ 新宿の高島屋さんや、東京駅の丸善なんかではいろいろな種類が売っています。実際に手にとって、できれば可愛らしい絵の本と一緒にCDが付いているものを本屋さんで選ぶと良いですね。1セット買っておくと長く使えると思います。値段は500~3000円くらいだと思います。高くても5000円あれば良いものが買えます。500円くらいのものでも、可愛らしくて使いやすいものもあります。とにかくママがかわいいな、なんども見たいな、と思える本を選ぶのがコツです。これから何度も読む事になるんですから。。。

で、CDをまずかけ流して、この曲良いなぁ~という曲を選んで、歌詞をチェック。それから歌えるようにするのです。童謡ですから、基本的に発音も比較的簡単ですし、詩として素晴らしい出来になっているので、英語の正しいリズムを身に付けるにも最適の教材です。ぜひ1曲か2曲に絞って歌いこんでみて下さい。これだけで大きな英語教材となります。なにせ、隣で最愛のママが何度も歌って練習するんですから、その練習過程すら、英語教育になってます。上手に歌えるようになったら、日本語の子守歌にまぜて、夜は1曲そのMOTHER GOOSEを子守歌にまぜてあげて下さい。

私が考える理想的な早期英語教育の形のひとつです。ぜひ実践下さい。

(ちなみにSUNNY BUNNYでは当然これを意識してレッスンしてますので、例えば毎回やるLondon Bridgeも有名なMOTHER GOOSEです!これ1曲でも、もちろん良いという事です!歩いて歌えば楽しく、ゆったり歌えば子守唄になります。ちなみにこれは1番だけでなく長ーい歌詞があるので、興味があれば調べてみて下さい。)


ブログ ランキングボタン

↓3つのボタンを押すと、ブログの応援になります!どうかよろしくお願いします!!m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you

教育・学校 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

13:37  |  英語のDVD・CD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●歌はいいねー^^
MOTHER GOOSEは耳に残るよね
英語であそぼとかでも、特集CDみたいになってるけど、私は英語であそぼの歌の編曲が好きで何枚か図書館から借りて聞いてたよー

歌が好きなママは歌から、本がすきなママは本からって、すっごい納得!
確かに自分が好きな物じゃないと、子供に楽しさが伝わらないもんねぇ

歌を覚えても会話に繋がらないから、歌はそんなに重視しなくていいって言ってた児童英語の先生がいたの
それを聞いた時、なんか歌を聞くのが無意味みたいに言われてがっかりした事があったのよね。時間の無駄っていうか。
聞かせるとしても、息抜きとかお楽しみみたいな位置で、積極的に歌を聞かせることはしなくていいって言っててね
確かに歌と実際話す発音みたいなのは違うけど、私は歌から得るものも多いって思ってたから軽くショックだったわ

まぁ、今はそんなことない!って思って、shuとも歌を楽しんでるけどね♪
rinco |  2008.06.17(火) 09:56 | URL |  【編集】
私はいろいろと教育する上での最適な方法について考えてはいるけれど、自分が英語が一応出来るようになったのは、とにかく何でも英語に関する事はやってきたからだと思う。長続きしているのは映画くらいなんだけど、とにかく英字新聞も英語関係の雑誌もいろいろとその時その時に興味が向いたものを手にとって来たんだ。特にのめり込んで読まなくてもマァOK。あまり気にせずやってみては飽きて、またほかに気を取られては・・・ってやってきた。すごーーくそれが楽しかったから、今でも英語力を上げるという名目で本を買ったり映像見たりするのは大好き。
rincoさんは英語教育についてとても柔軟だよね。いろんな方法を興味の向くままにいろいろ試してる。見ていて楽しそうだし、愛情を感じるから、きっと長続きするんじゃないかな。とにかくこだわらず、長く長くやっていってね。そうしたらrincoさんもいつか気がつけば英語が話せるようになってると思うよ。そしたらSUNNY BUNNY講師になってね^^
Aides |  2008.06.17(火) 20:56 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/6-1162f0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。