2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

フェニックスじゃないってば

2010年10月25日(月)

いや、かなりよく間違えられるんですけどね。

英単語の発音や英語の綴りを覚えるのに良い学習法があります。

これを Phonics (フォニックス)  って言うんです。

フォニックスの最初は phon ですね。これは、 telephone (telephone) の後半に phone の形で使われているものと同じで、「音」という意味です。

音と綴りを教える学問という事ですね。

これがよく不死鳥の「フェニックス」と間違えられて面白いです。

「ブログで書いてたフェニックスについてですが。。。( ´∀`)」って言われるんですが、書いてないでス!Σ⊂(゚Д゚ ;)!

ってなります。

最近もまた フェニックスについて尋ねられたので、

フェニックスについて・・・じゃなくてフォニックスについて簡単に説明しようと思います。


まず日本では、book のスペルを教える時、「ビー、オー、オー、ケーで、ブックだ!」と教えますね。

生徒さんたちは、必死にノートに書きまくって、無理矢理覚えるわけです。

規則性のないものを丸暗記するというのは非常に負荷が高いと考えられるので、やはりここれでは得意・不得意に分かれてしまいます。

英語圏では識字率(しきじりつ:文字を読む人の割合ですね)が低い、つまり、文字が読めない人が比較的多かったという事もあって、教え方が色々と開発されました。


そのひとつが Phonics です。

文字の読み方を、単語に応用出来るように教えて行く方法です。例えば、

a = ェア

b = ブッ

c = クッ

d = ドゥッ

e = エ

というような読み方を教えます。

このアルファベット4文字だけで例を挙げれば、例えば b a d が読めるようになります。 

上記の表に照らしてみて下さい。

b a d  = 「ブッ ェア ドゥッ」

ですよね。これを続けて読む練習をすると、 英語の bad (悪い) の発音になるような仕組みです。


前に挙げた book も同じような原理で読めるようになります。

oo = ウ
k = クッ

なので、

b oo k = 「ブッ ウ クッ」

で、book (本) の英語発音となるというわけです。


英単語の約7~8割がこのルールに則って読める、と言われているので、かなり有効な方法です。

ひとつ覚えると非常に応用が聞いて、例えば上記だけでも、

bad
bed
dad
cab
book

等々、結構読めるようになります。


私が大学院の時に研究したひとつが、このフォニックスを使った小学生の発音指導でした。

本来、英語圏では「発音と綴り」を教えるために使われて来たものですが、綴りをツールにして、英語を全く学んだ事のない日本人小学生(10歳だったので、いわゆる臨界期は超えています*)の「発音」に着目したらどうなるか。

これは小さい規模ながらも非常に成果を感じました。

ですので、この研究を元に幼児英語にも応用しています。

SUNNY BUNNY Language Schoolで幼児英語として教えさせていただいていると、さらに大きな成果を感じます。


ちなみにうちで使ったワークは100 lesson でした。今見たら3歳のみいとやってる!無茶!(早すぎ^^;)多分、今のみい(5y)が適齢です。でもあの頃から少しずつやってたから今楽なのかな。詳しくは<こちらの記事>をどうぞ。


というわけで、フェニックス・・・じゃなくて! フォニックス、お分かりいただけたでしょうか^^*

*臨界期 = ある年齢に達すると、母語が確立して外国語習得が困難になると言われる説。年齢についての主張は様々ですが、大抵10歳以下です。


クリック応援がSUNNY BUNNYを支えて下さっております!感謝☆
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へクリックthank you ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 早期教育・幼児教育 - ジャンル : 育児

09:08  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●フェニックス(笑)
その間違いを思いつきもしなかった(笑)
そういえば、一字違いなのね^^;

フォニックス、shuが読みがすっごく進んだのは、多分教室でフォニックスを習ってからだと思う
初見の文字もなんとなくフォニックスにあてはめて読もうとしたりしてます

ただ・・・最近困ったことがーー!
それが、ローマ字読み!どーーん!!!
なんで、shuがローマ字読みを知ったかというと、駅名です(爆)
品川って英語でどうやって書くの~?とか聞かれて答えているうちに、ローマ字読みがほぼわかるように^^;

それから、ローマ字読みとフォニックスが混ざってしまってます~
ヽ(´Д`;)ノアゥア...
rinco |  2010.10.25(月) 10:53 | URL |  【編集】
●>rincoさん
あはは^^結構間違える方多いんだけどね。私も最初、何でこの教え方「不死鳥」なの?なんか強そう、、、とか思ってた。爆
ローマ字読みも、フォニックスも、両方教えるのは私は全然抵抗ないよ。
ただ、ローマ字は「日本語を英語表記する方法」
フォニックスは、「英語を読む際の方法」
だから、全く別ものとしてきちんと教えないとね。
覇織 |  2010.10.26(火) 11:26 | URL |  【編集】
●なかなか
フォニックス、音は大分分かってきてるんだけどそれが読みになかなか繋がらないんだよね。
シュウシュウの性格上、分かってもなかなか披露したがらないし…
絵本はまだまだ読んでもらうものって感じ~
いい方法ないかな~やっぱり沢山誉めるのがポイントかしら?
エナタロ |  2010.10.26(火) 12:10 | URL |  【編集】
●>エナタロさん
シュウシュウ君はフォニックス上手だよね。他で覚えて来たというお子さんはおかしな音で覚えている事がほとんどな気がするけれど、シュウシュウ君は綺麗な音で覚えてるな、、、と思いました。
11月からまた「読み」がレッスンに入るので、少し参考にしてもらえるかなと思います。ただ、どうしてもカリキュラムの途中からになるので、出来れば5~7月あたりのレッスンも受けてほしいんだけどね~!(>w<;うーむ、もどかしい。
出来るだけ伝えられる所は伝えて行くよう、頑張ります!
覇織 |  2010.10.27(水) 21:00 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/627-9a94d3a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。