2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

楽しい時も、辛い時も。

2011年02月02日(水)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

今日は寒いですね。寒いとつい家にこもりがちになったり、風邪を引いてしまったり。

人は辛くなったり、本当に嬉しくなったりすると、普通「母語」で表現したくなるのではないでしょうか。

「寂しいー!」「痛いー!」

そういう気持ちに答えるのも、

「大丈夫だよ」「一緒にいるからね」「イタイのイタイの、飛んで行けー!」

と、やっぱり日本語という「母語」はしっくり来ますね。

まず、こういう体から自然に湧き出る母語が何よりも大切で、しっかりと育てなければならない、という大原則を書いておきます。

その上で、お家でバイリンガル教育をする際の話をします。

日本人家庭で、お家で英会話を取り入れている場合、時々目に付くのが「気が向いた時だけ英語」という方法です。

ふと、英語のセンテンスでも言えそうだな、という時に、唐突に英語になる。

英語でやろうと思っていても、感情がゆさぶられた途端、「ああ、そういうことね、分かった!」など、つい母語が出てしまうパターンですね。

もったいないな、と思います。

私はいつも、時間や場所という決まりを作って英会話を取り入れてあげることをお勧めしています。

「お風呂の時間」とか、「絵本の時間」とか、そういう決まりはとても分かりやすいです。

そして、その時間以外は、原則として日本語で一貫して話す。「あ、今ならコレ英語で言えるかも♪」と思っても、日本語時間には使わない。これが大原則です。

逆に、英語時間はこころが揺さぶられたり、”つい”出てしまう言葉も、全て英語にする。

"Oops!" (おっと!) とか、なかなか英語で出て来ないかも知れませんが、これも英語で言わないでどうする?!という話だと思います。

日本人の大人の大半にとっては、<学んだフレーズを読み上げる>ような英会話がやりやすいと思うんです。間違いがないし、恥ずかしくない。

でも、それではそこから一歩が出ない。読み上げ練習なら読み上げ練習と割り切って、本を持って読み上げた方がよほど良いです。

そうでなくて、「英会話」つまり実践的なコミュニケーション練習をするのですから、「おっと!」とか、「なるほどー!」とか、そういう気持ちの部分も英語で表さなければならない。

というか、むしろ、それを表すために、わざわざ英会話時間を取るのです。

「可愛い!」とか、「寂しかったのー?」とか、怪我をした時に「大丈夫、ママが抱っこしてあげるからね」とか。

これこそは日本語で言いたい、という場面も、もしかしたら出て来るかも知れません。

そんな時も、いや、そんな時こそ、「もし私たちに日本語がなかったら、英語でどう言う?!」と思って話してみてほしいと思います。

多少拙い英語でも、「伝えてあげたい!」と思って言う英語は気持ちが伝わります。親子だと、余計に伝わりやすいので伝わるものです。

これこそ英語コミュニケーションであり、大事な感情のやりとりすら英語でする場面も乗り越えてこそ、子どもにとっても英語は「意思疎通が出来る」ものとして認識されるのだと思います。



下の二つのボタンをクリックすると、「クリック応援」となりブログ更新のやる気が出ます!^^)9
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  ママの語りかけ英語  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●質問です
とつぜんすみません。
ブログ拝見して是非お聞きしたくてコメントしています。
私自身英会話が苦手なので、なかなか英語での語りかけができません。
実際どのように感情を英語で表すのか具体的言い回しを教えていただけるとうれしいです。

参考にさせていただきたいです。
azu♪ |  2011.02.02(水) 17:19 | URL |  【編集】
はじめまして
初コメントです
なるほど、私もそう思います
日本人にとっては、まず日本語ありき・・・
母語を大切にしないと・・・・
とにかく、基本は母語ですねぇ
バイリンガル子育て・・・私も昔挑戦しましたが、挫折しました
幼稚園に入ったとたん、「日本人なんだから日本語で話さなきゃわからない」と娘の逆襲を受けて・・・あえなく撃沈
子育てはほんとに難しいですね
Sakasayo |  2011.02.02(水) 23:53 | URL |  【編集】
●>azu♪さん
コメントとご質問ありがとうございます。苦手な方は、まずは短くて簡単な文から始めると良いと思います。
I love you. Are you OK? などでしたら、パッと思いつくのではないでしょうか。
語りかけの英語は本もたくさん出ているので、一冊あると便利かも知れません。本の紹介と語りかけ英語の実例紹介など、また機会があれば記事にしますね^^
覇織 |  2011.02.03(木) 12:22 | URL |  【編集】
●>Sayasayoさん
初コメントありがとうございます^^
バイリンガル子育ては、色々な壁があって難しいですね。うちは「日本人の前では日本語、英語を話す人の前では英語」というルールを最初に言い聞かせることで、幼稚園も乗り切りました。
これからでも方法はいくらでもあると思いますので、一緒に頑張って行きましょう。
覇織 |  2011.02.03(木) 12:29 | URL |  【編集】
はじめまして。
ブログ村から来ました。
子供が生まれた時(7年前)「お家で英語での語りかけ」について、どうすれば自然なのか悩みました。
結局たどりついた答えが「英語の絵本&テレビを観ている時」「お風呂の時間」で、家庭ではずっとそれを実践していました。
この度、英語講師に復帰し(赤ちゃんがいるので少しずつですが)母国語がしっかりしていない赤ちゃんに教えるようになってから、今一度「語りかけ」について真剣に考えている矢先にブログを拝見しました。
「気が向いた時だけ英語」はやめて「英語時間」という決まりがあると子供はわかりやすいと書いていらっしゃるのを読んで、私の中で混沌としていたものがすっきり整理されました。
これからも今まで通りの「語りかけ」を続けて、他のお母さん方にも「語りかけ」を紹介する気持ちが固まりました。
ありがとうございました。
これからも参考にさせていただきます。
ラモーナ |  2011.02.03(木) 14:17 | URL |  【編集】
●>ラモーナさん
はじめまして^^
どうやって話しかけをするか、というのは指導する側にとっても色々考えさせられる問題ですよね。参考にしていただけて嬉しいです!
今度共よろしくお願い致します。
覇織 |  2011.02.06(日) 21:28 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/698-d9dc0c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。