2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

発表会練習(動作)

2011年02月05日(土)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英会話教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

2011年3月13日(日)午前、文京区シビックセンター内にてSUNNY BUNNY Language Schoolの舞台発表イベントがあります!

参加者も一緒に楽しめる英語アクティビティ、普段のレッスンを垣間みれるような出し物をご用意しております。ぜひいらして下さいね。近日中に詳細告知しますので、予定空けておいて下さいませ!

さて今日は発表会に出る際の動作について。

幼稚園でも発表会などありますよね。そういう時、ご家庭でも簡単に練習出来ます。

まず舞台での動作練習は、とにかく繰り返しが大切です。

舞台に立つと、皆さん学校の出し物や何かで何かしらのご経験があるかと思いますが、すごく緊張しますよね。

普通にしていたら、隠れたい、固まっていたい、ああ、どうしよう、というのが心理だと思います。

そこで決まった動きをするというのは至難の業です。

でもこれをかなりの確立で出来るようにする練習があります。

それが繰り返しです。

出来るだけ、大きく!!!

体全体を使って動く練習を、とにかく繰り返します。

台詞と一緒に、歌と一緒に、自分の役割での動きを、とにかくオーバーに!動きます。

詳しく言うと、背筋や太ももをしっかり動かす感じです。体の中心から、一気にグワッと豪快に動きます。

これをしっかりしておくと、体自体が動きを記憶してくれるので、どれだけ緊張していても体だけは記憶した動作を繰り返す!という状態が生まれます。

特に幼児期に発表をさせる場合は、この練習に限ると思います。

指示は出来るだけ簡潔に。

「もっと大きく!」

これだけで舞台映えがかなり違って来ると思います。

教室のレッスンは週に1回。発表まであと5回だけです。

インテンシブクラスでは既に振り付けと台詞を配布してあります。ぜひお家でも台詞練習、出来れば動作も一緒に考えてどんどん練習してみて下さい。

「暗記」のレベルでは、なかなか出来ないもの。

「体が記憶する」という、もう、自分のパートが来たら反射で台詞を良い、体が覚えている動きをしてしまう、という状態がベストです。

何度も何度も繰り返し。これを楽しい作業にすることが、大人の正しいサポートで出来ます。

褒めて、褒めて、褒めて、褒めて、

疲れたら、すぐに!!やめさせる。

忘れた頃に、またやってみる。

良いイメージを続けさせるために、乗らない時はすぐに止める!

乗る時は何度でもやらせる!

これに限ります。

舞台発表は地道な練習の積み重ね。発表は一瞬で終わってしまいますが、満足度も高いと思いますよ!

頑張りましょうね^^


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の元気が出ます^^)9!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

12:47  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/702-cf6f2961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。