2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

0歳から始める

2011年05月14日(土)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英語教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール


英語は、考え方によっては「0歳からでは全く無理」とも言えるし、「0歳からでも始められる」とも言えます。

「0歳からでは全く無理」というのは、考えていただければ分かる通りです。

0歳児はまだ何も話せないし、月齢が低いと、まだ体を自由に動かすことすら出来ません。

手遊び歌が歌えない、手を動かせない。発音出来ない、会話出来ない。踊れない、書けない、読めない。

当然です。

ですから、英語を始めるのは、「0歳からでは全く無理」というのは、確かに、その通りです。


でも、私は「0歳からでも始められる」とも思います。

それはどういうことかと言うと、<将来に役立つ言語経験を積む>という観点から見れば、まさに”早ければ早いほど良い”と思うのです。

具体的に言えば、例えば

1、親との密接なコミュニケーションを育む

2、言語特有の音とリズムに親しむ

3、英語独特の表現に親しむ

というようなものです。

0歳の子どもは、まさにこの世に来て間もない、真っ白な存在です。

か弱いか弱い赤ちゃんが頼りにするのは、他でもないママの声。まず目が見えない赤ちゃんが、生きるために必死に集中して力を使う部位の一つが、耳なのです。

お腹の中にいる頃、聞こえていたママの声を頼りに、必死にその声を他の雑音からより分けて聞き取ります。

そして、ママの<感情>を頼りに、言葉というものの意味を全力で推測して行きます。

こうして、子どもにとってかけがえのない「母語」が育まれていくのです。


こういう観点から、私は基本的には日本語をとても大切にすべきと考えています。母親の母語が日本語である以上、子どもにその言葉を伝えるのは使命とも言えます。

しかし、そこにもう1言語加えることによって、子どもの言語力が幅も深さもぐっと増すと考えられます。

上手に英語を取り入れる事が出来れば、0歳からでも英語は始められるし、0歳の頃にやっていた英語教育が、その後大きく役に立つということも十分考えられるのです。

明日は具体的な方法について書きます。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の元気が出ます^^)9!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/754-b4ed4df8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。