2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

0歳から始める英語のお勧め方法

2011年05月15日(日)

↓文京区「江戸川橋」駅徒歩3分の英語教室↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

0歳からでも英語教育は始められます。

でも、くれぐれもやり方を間違えないようにしたいところです。

色々な理論がありますが、最も気をつけたいのは「母語」をおろそかにすること。

英語教育は、<言語>教育。つまり、ことばを教えるということです。ことばを教える時、母語である日本語に敬意を払わないというのは、本末転倒です。

英語教育をすると決めたから、英語しか話さない!なんて、英語の語りかけ本を手に必死に読み上げて行くなんていうことは避けましょう。

普段の語りかけは、基本的に日本語にすること。これが基本です。

そしてその日本語を話す時も、感情を伝えるんだ、ということを念頭に置く事。これがとても大切です。


さて、その上で英語教育を追加して行きましょう。

具体的にお勧めなのは、何と言ってもこの2つ。

1、歌

子守唄が何よりの基本です。Twinkle, twinkle, little star (きらきら星) などを歌ってあげて下さい。

手遊び歌もお勧めです。Open, shut them など、簡単で楽しいものから。歌いながら、ママが見せてあげます。手の動きを見る事で脳が刺激され、身体発達にも良い影響が見られると言われています。

2、絵本

赤ちゃんでも楽しめる絵本を選びましょう。どんなのもが、赤ちゃんでも楽しめるか?というと、答えは簡単。ママが赤ちゃんに読むのが楽しいと思える絵本、それが良い絵本です。

0歳のお子さんはリピートする必要も、内容をすべて理解する必要もないので、ママのレベルと興味に合わせて、自分が子どもに読んであげたいなと思う絵本を本屋さんでじっくり選んで読めば良いのです。

読む際のポイントをあげるとすれば、◯感情を込めること、◯同じ本を何度も繰り返し読む事 です。

絵本を読む際に、気持ちを乗せて読み上げるのと、ただ文字を読み上げるのでは、全然違うものになるんですね。特に0歳のお子さんには!!です。

何度も読むというのは、1度に何回もという意味ではなくて、毎晩読むとしたら、今日も明日も、また同じ絵本、少し変えたら、また同じ絵本、と日を変えて繰り返し読むという意味です。(もちろん、1日に何度も読みたければ読んでも大丈夫!)

幼い子どもは繰り返しを好みます。同じことを何度も何度も聞く事で、やっと少しずつ理解して行きます。

それが子どもの心の成長にも良い絵本だと、それがとっても大切な「大好きな絵本」として定着して行くと思います。


私は、0歳の子どもに英語教育を始めるのはとても良い事だと思います。

文字が読めるとか、単語がいくつ分かるとか、そんな大人の都合の自己満足は絶対にダメ。


親との貴重なコミュニケーションを通して、温かくて、嬉しくて、穏やかな感情を育みながら、英語教育の思い出をかけがえのない経験にして行く。そんなイメージで取り組んでいただきたいと思います。


下の二つのボタンを押していただけると、「クリック応援」となりブログ更新の元気が出ます^^)9!
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ ★クリックthank you
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  0-1歳の英語教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/756-c77f29c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。