2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

英語圏ではアルファベットの書き順は無いも同然?

2011年09月27日(火)

今日は、英語圏でのアルファベットの書き順について。

日本では日本語の文字を習う時のように、やはり英語の授業でもアルファベットは書き順と共に習うのが一般的です。

アルファベットを習う際も、やはり最初は書き順をしっかり学ぶと綺麗に書けるようになります。

こんなカードもお勧め。

なぞって消せるので経済的だし、常に正しいお手本が見られるので良いですよね。


英語圏では、Penmanship (ペンマンシップ)と言って、英語の書き方のレッスンが存在します。

しかし、この penmanship の授業は認知度が低く、マスターしている者も少ないのが実情のようです。

ちなみに私は、Penmanship をちゃんとやった!という、綺麗な英語を書く英語ネイティブの方に会った事が、一度もありません^^;


日本と比べて文字を読める人口の割合も、文字を書ける人口の割合も圧倒的に低かった英語圏では、この Penmanship は歴史的にも全英語圏の教育で行き渡るようなことはなく、認知度も対して高くない、という感じです。


これは英語圏の方の手書きの文字を見ればよ~~く分かると思うのですが、

大抵みなさん、

非常~に個性的な字を書きます。^^;

sb abcd writing

可愛い字だな♪とか、オシャレな字だな♪ という英語の文字を書くネイティブはよくいますが、

日本人の感覚で、「綺麗な字だな!」っていう文字を書くネイティブって本当に見ないです、、、


だから留学などに行くと、日本人学生の字の綺麗さに驚く英語圏の方は結構多いですよ。

私も、日本では字を褒められた事がなかったのに、オーストラリアに行った時に「すごい!教科書の字みたいに書くね!!」とホストファミリーに絶賛されて、嬉し恥ずかし、、、だったのを覚えています。


何人かの英語圏ネイティブの知り合いともこの件に関して話をしましたが、

字は読めれば良し、中身と結果が重視される社会(英語圏)

と、

実力よりまず、字を丁寧に書く人柄や礼儀が重視される社会(日本)


の差が出ているのではないかと思います。


ですから、行ってみれば、正直、英語を学ぶ時に、英語圏での実用を考えるのなら、書き順はさほど気にしなくても良いかも知れません。

「個性的」として認められる可能性が高いので、書き順や形よりも、内容を重視してどんどん書かせる、そして適した年齢になったらすぐにパソコンでのタイプに移る、という方法が実践力としては重宝されるかと思います。


明日は、

「しかーし!私はあえて書き順は最初にしっかりと教えます。」
の話。



↓2つのボタンを押すと、このブログの応援になります。押していただけると、すごく嬉しくてまた書く元気が出ます!1日1回、どうぞお願い致します~m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

10:00  |  小学校英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/855-e04447f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。