2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

ローマ字は必要

2011年10月27日(木)

お家で英語に取り組んでいる保護者の方から、よく「ローマ字」を嘆く声を聞きます。

「もう、いっそ小学校でローマ字なんて教えないでほしい!!

という声もよく聞かれます。

確かに、英語の綴りの規則とは全く違うので、ローマ字を習ってから中学校に入って、スペルが全然出来ない!なんてことになると、「なんてローマ字ってややこしいんだろう?!」と思うわけです。


しかし、ローマ字自体は、私は絶対に必要だと思っています。


理由は明解で、ローマ字がなければ日本語が日本語以外で表せなくなるからです。

まず、ローマ字がなければ、日本人の名前を英語で表記出来なくなります

*英語で表記しているわけではないですが、英語の知識がある方に分かりやすい形で表記出来ないということです。


英語のアルファベットの綴りの決まり、フォニックスなどと呼ばれて教えられたりしますが、このルールで日本語を表記しようとすると、これまたとんでもないことになります。

というか、綴れません!

私の名前は 「あい」ですが、今、当然のように Ai と綴って、それっぽく呼んでもらえるのはローマ字の決まりがあるからです。

Ai ならまだしも、「はなこ」とかになると、英語の綴りだけでは絶望的です。Hanako では、良くて ハネィコゥ、ヘィネコゥに近くなる可能性もあります。

日本語の「はなこ」を英語で表記しようとしたら、どうなるでしょう、、、

hun a co

とかですかね?w

とても1単語では、近い音で読んでもらえる綴り方が思いつきません。^^;


分かっていただけたでしょうか? 


私たちは、かなりローマ字の恩恵に授かって、日本語を英語で表しているのです。このローマ字が無かったら、日本の地名や日本特有のものの表記が、どれほど難しかったか分かりません。


そしてローマ字は、多少おかしいところはあるものの、大体理路整然としていて理解しやすく、日本語ということばの子音要素と母音要素について知るために素晴らしいツールとなります。

だから、日本語をより深く知るために、また、日本語を英語で表現するために、ローマ字はとても素晴らしい働きをしてくれるのです。

英語を学ぶ前に、自国の言葉をローマ字でも表記する方法を学ぶというのは、とても理にかなっているし、ローマ字があるからこそ、うちの娘もお友達の名前を英語で表記出来るので、とても良いと思っています。


最後にまとめとして、一番大事なポイントを書きます。それは、

ローマ字は日本語である 

ということ。英語ではありません。


ローマ字と英語を混合しないで教えれば、混乱するものではありません。


この記事を書くヒントをいただいた記事もご紹介しておきます。

愛読させていただいているブログ、想定外?バイリンガル物語の「びっくり仰天の小学校英語!」です。

うーん、これは確かにびっくり仰天ですー(><;

こんな酷いローマ字レッスンがあると、ローマ字廃止論が出てしまうのも分かる気がしてしまいますね^^;


きちんと教えればとっても良い教育内容、でも、教え方が酷いせいでトンデモないことになってしまっているレッスンってたくさんあります。

子どもを混乱させず、「よく分かる!楽しい!」と思ってもらえるレッスンを心がけたいですね!


↓2つのボタンを押すと、ブログの応援になります!どうかよろしくお願いします!!m(_ _)m↓
にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ ★クリックthank you


文京区の小さな英語教室☆↓詳しくはHOME PAGEで↓
バナーサニーバニー ランゲージスクール

東西線「神楽坂」駅より徒歩6分、有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩3分
親子英語、幼児英語、帰国子女・ハーフ・バイリンガル向けインテンシブ英語、小学生英語など、各種クラス

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 英語de子育て - ジャンル : 育児

10:00  |  SunnyBunny英語教室  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●>まめっちママさん
コメントありがとうございます!^^
きちんと了承得る前に紹介させていただきましたが、そう言っていただけて嬉しいです。
まめっちママさんの記事は見るといつも考えさせられて、つい私もそのテーマで書きたいと思わせてくれる、素晴らしい内容だと思っています。
またフォロー記事書かせていただけるよう頑張りますね。
覇織(Aides) |  2011.10.28(金) 22:12 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://bunkyoenglish.blog116.fc2.com/tb.php/870-d6e342f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。